fc2ブログ

ライトワーカーマリエの人生が輝く『本当の自分になる方法』ミラクルアカデミーより

当サイトは、本当の自分に目覚めるためのスピリチュアルガイダンスです。自分が地球上で達成したい本当の願いを思い出し、実現するために必要な情報を発信しています。新しい人生を手に入れて楽しく生きたい方、自分も周りも幸せにしたい方は必見です。ライトワーカーのお仕事が上手くいく成功の秘訣も公開しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

0.力の限界を知ると楽になる AC回復の12ステップより No.986 

こんにちは。
ライトワーカー☆マリエです。

好転のキッカケは、感覚が見つけ出してくれるのですね。

昨日は、それについて書きました。

さて、その他にも好転のキッカケは、たくさんあります。

自分を回復するのも、その一つです。

わたしはこれまでたくさんの回復ワークをやってきました。

中でも、これは凄い!と感動したのは、アダルトチルドレンの回復です。

hills-889131_960_720.jpg

わたしは気が付いた時には、アダルトチルドレンでした。

アダルトチルドレンは、大人っぽい子供という意味ではありません。

子供なのに、大人の代理として生きている人です。

大人の代理ですから、本来それは大人がやることを、子供がやるということです。

その原因は大抵が、機能不全の家庭環境にあります。

機能不全は、親が親としての機能を果たすことのできない状態です。

だから、その部分を子供が代理するのです。


わたしがそうと知ったのは、自分と向き合い出してからのことでした。

セラピーの世界に入って、はじめて耳にしたアダルトチルドレンという言葉。

気に留めていたところ、後に出会った本で深く知るようになりました。

本の内容は、自分に当てはまるものでした。

魂が食らい付いたことを覚えています。

でも、アダルトチルドレンの性質は、とんでもないものでした。


アダルトチルドレンは、子供時代をしっかりと生きていないため、土台が弱く、軸も不安定です。

周りは気にするが自分のことは無頓着で、親の愛情を受けていないため、自分の存在価値が分からないのです。

その反面、大人のように振る舞うことや大人がやっていることができること、大人と暮らすことに順応できるという能力を手に入れています。

だから、子供と遊ぶことが苦手だったり、子供嫌いだったり、子供のような人を理解できないといった側面を持っていたりします。

愛情の掛け方が分からないのは、自分の感情や欲求が分からないからです。

それだけ自分を捨ててきたということなのです。


わたしは、まず自分がアダルトチルドレンであることを認めました。

次に、その類の本を手当たり次第に、読みまくりました。

時には、気分が悪くなることもありましたが、それが自分を好転させるキッカケになっていました。


最初のステップは何か?

それは“降服する”ことです。

降服は、自分の無力を認めるものです。

無力は、自分の力の限界を知った時に気づくものです。

今まで自分なりにやってきたけれど、どうにもならなかった自分の無力さを受け入れること。

それが降服なのです。

そこにはもう微塵も、どうにかなるという思いはありません。

あるのは無力さと、自分を超えた大きな力だけです。

わたしは、そうと知って、安心もしました。

自分一人が頑張ってもどうにもならない理由は、そこにあると分かったからです。


自分の力の限界を知ると楽になります。

大きな力が、ごわごわしたものをバキュームして、自分を素直にしてくれるのです。

皆さまも、限界を感じたら大きな力に委ねてみませんか。子供に帰ると清々しい気持ちになりますよ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今日も素敵にお過ごしくださいね。

ライトワーカー マリエでした。m(*^^*)m

人生を変えるスピリチュアル心理カウンセリングは
マリエの個人セッションまで
奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

| AC回復の12ステップより | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://angelmate.blog23.fc2.com/tb.php/986-0a60e93a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT