fc2ブログ

ライトワーカーマリエの人生が輝く『本当の自分になる方法』ミラクルアカデミーより

当サイトは、本当の自分に目覚めるためのスピリチュアルガイダンスです。自分が地球上で達成したい本当の願いを思い出し、実現するために必要な情報を発信しています。新しい人生を手に入れて楽しく生きたい方、自分も周りも幸せにしたい方は必見です。ライトワーカーのお仕事が上手くいく成功の秘訣も公開しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あの時のあの人だ!ソウルメイトの再会 No.969 

こんにちは。
ライトワーカーマリエです。

霊的現象は、意味を知ると変わっていくのですね。

でも、成長しない人は、堂々巡りですよ。

それでも、パワーを温めているから、学んだ時は収穫が大きいです!

がしかし、その時はたくさん捨てることになるでしょうね。


さて、今日はソウルメイトの再会について語ります。

たぶん誰もが経験していると思いますが、出会った時に知ってる感があるというもの。

もちろん、その感触は、前世からやってきているものです。

でも、再会する意味は何でしょうね。

corridor-347290__340.jpg

わたしは中国で何度も輪廻転生しているのですが、とある時代のソウルメイトと、再会したことがあります。

出会った時から、知ってる感があって、すぐに仲良くなりました。


その人が、これまでどんなことをやってきて、何を悩んでいるのかある程度、推測することもできました。

長時間一緒にいることは、ちっとも苦痛ではなかったし、むしろ、いろんなお話ができてリラックスしていたくらいです。

前世を思い出したのは、ちょっとしたキッカケでした。


その人が確か、わたしの服に何か付いているものを取ろうとした時のことです。

手がこちらに、にゅっと伸びた瞬間に、思い出したのです。

これって、前もそうだった!と。


当時のわたしは5~6歳くらいの子供で、その人に服を着せてもらっていました。

立ち上がった襟のボタンを、留めてもらっていたのです。

わたしにとって、服は着せてもらうのが習慣で、ほかに身の回りのことや躾など、面倒を見てもらっていたようです。

中でも一番に情熱を掛けてもらったのが、読み書きの勉強でした。


その人は、今でいう家庭教師だったのです。

わたしは思い出したことで、何とも言えない温かい気持ちが湧いてきました。

不思議ですが、それはお世話になった感謝の気持ちだと思います。

おそらく一生を同じ御屋敷で過ごしていましたから、家族の様なものでした。

現在のご本人いわく、他人は家に招かないのに、どうしてマリエちゃんは、すんなりと家に招くことができたのかと謎だったそうです。


さらに、また次に見た前世も一緒でした。

国はベルギーで、その人は新聞社に勤めていたライターで、わたしは新聞売りの少年でした。

またもやわたしは男の子でしたが、そこでは彼女の弟分で、お手伝いすることで食いつないでいました。

どうやら、この時のわたしは、言葉が喋れなかったみたいです。

ただ街頭に立ち、新聞をワラワラと見せるだけで、人が寄ってきてくれたので、仕事としては充分できたのです。

彼女は時折、仕事のことや能力について悩んでいることを話してくれました。

わたしはもっぱら、聞くだけしかできませんでしたが、一緒にいることが何より勇気づけになっていたようでした。

おそらく産業革命の時代だったと思います。


流れを整理すると、学校に行っていないベルギーの少年が、次の時代では教育によって読み書きができるまでに成長したということです。

歩み寄る魂は、学びの友なのです。

そうとは聞いていたものの、具体的に体験すると、魂から納得できるものです。

詳しくは思い出せなくても、出会う相手は、多少の覚醒というものですね。

皆さまも、知ってる感を大事にしていってくださいね。再び成長しますよ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今日も素敵にお過ごしくださいね。

ライトワーカー マリエでした。m(*^^*)m

人生を変えるスピリチュアル心理カウンセリングは
マリエの個人セッションまで
奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

| 前世と未来の話 | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://angelmate.blog23.fc2.com/tb.php/969-9d79dd14

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT