fc2ブログ

ライトワーカーマリエの人生が輝く『本当の自分になる方法』ミラクルアカデミーより

当サイトは、本当の自分に目覚めるためのスピリチュアルガイダンスです。自分が地球上で達成したい本当の願いを思い出し、実現するために必要な情報を発信しています。新しい人生を手に入れて楽しく生きたい方、自分も周りも幸せにしたい方は必見です。ライトワーカーのお仕事が上手くいく成功の秘訣も公開しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

後ろに立つ黒い人影 No.897

こんにちは。
ライトワーカー☆マリエです。

体の背面は、潜在意識に通じているってご存知ですか。
だから、霊界は背後からの影響が強いというワケです。

前面は未来に通じているので、人は端から前向きにできているということです。
意識が後退的になると、足が前を向かないのは当然なのですね。

感覚がひらくと、後ろも見えてくるそうですが、その人が視覚化しているからです。
もちろん、いろんなものを感じていると、イメージはより鮮明に描くことができます。

そのためには、やはり自分の“気”を感じていることが大事です。
“気”は、保護膜ですから、外部に対して敏感なのです。

swan-4208564_960_720.jpg

人の背後から、念力を送ると気が付くか?という実験をすると、ほとんどの人が、妙な気配を感じて振り向くそうですね。

わたしも例外ではありませんよ。
本当に後ろを振り向いたら、誰かがいたのですから。

もう随分と昔のことですが、お風呂場で頭を洗っていた時のことでした。
お昼間なのに当時の家の中は薄暗いものだから、それが怖くて、早く済まそうとしていました。

ところが、その日は、背後に何かを感じて、気を留めてしまいました。

そこに誰かいる?
誰か立っている?!
こちらをじっと見ている!!

わたしは、誰かいる!と確信したので、思い切って振り向くことにしました。
すると、そこに黒い人影が、あったのです。

は?何?どういうこと?

と、思いきや、影はスーッと、階段の上の方に登っていきました。
気になって後を付いていくと、影は一本の柱に溶け込んでいったのです。

怖いというよりも、唖然となりました。
何が何だかワケさっぱりでしたが、何気に柱に触れると、パッと、とあるシーンが見えたのです。

それは、片思いをしている女性が、柱の陰から目の前を勇ましく歩いていく殿方を見ている場面でした。
どちらも時代劇に出てくる立派な着物を着ていました。

もしかしたら、柱はそのお屋敷のものだったかも知れません。
解体されたのか、何らかの事情で、リサイクルされたようです。

あらためて柱をみると、どうも生きているように見えて仕方ありませんでした。
そういえば、前々から何かいる感じがしていたことも、思い出されてきました。

影響はそれだけではなく、その頃、家族の仲が悪化していたのですが、ちょうどその頃に出会った霊能者に、人影の現象を見てもらうと、家族に起こった前世かも知れないとのことでした。

後にわたし自身、前世透視するようになって分かったことですが、前世の人格が自分から離れて独立して動くことは考えられません。

ですから、あれはやはり、柱に付いた残留思念だったと思います。
訴えが大きかったので、向こうがこちらに意識を投影したのです。

その後、わたしは柱の女性に心をひらき、感じるままに癒して、お清めをしました。
それから妙な気配はなくなり、柱は本来の木に戻ったという感じです。笑

残留思念は、物質に付いていることがあります。
強烈なものは、何万年、何千年も残ることがあるのです。

転生する意味が、思念の回収だとすれば、やはりあの女性は、わたしの魂の一片ということでしょうね。
ちゃんと回収できたと思います。

皆さまも、背後の感覚を大事にしてくださいね。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ライトワーカーマリエでした。m(*^^*)m

人生を変えるスピリチュアル心理カウンセリングは
マリエの個人セッションまで
奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

| 霊界交信とか | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://angelmate.blog23.fc2.com/tb.php/897-cba12714

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT