fc2ブログ

ライトワーカーマリエの人生が輝く『本当の自分になる方法』ミラクルアカデミーより

当サイトは、本当の自分に目覚めるためのスピリチュアルガイダンスです。自分が地球上で達成したい本当の願いを思い出し、実現するために必要な情報を発信しています。新しい人生を手に入れて楽しく生きたい方、自分も周りも幸せにしたい方は必見です。ライトワーカーのお仕事が上手くいく成功の秘訣も公開しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

うちの子の再現か?猫に憑依された体験

こんにちは。
ライトワーカー☆マリエです。

残留思念は、その時の状態が続いているのですね。
通常なら自然に風化していくのですが、思いが強いとどうしても残ってしまいます。

中には、吸引力の強いものもいて、自分を乗っ取っていることもあるので要注意です。
そのタイミングは、気が落ちている時やオーラが破損している時、自分を偽っている時や自暴自棄になっている時などです。

だから、自意識に目覚めることは、とても大事なことなのです。

cat-1455468_960_720.jpg

自意識に目覚めると、感覚が活きてくるので、違和感や気の違いが分かりやすくなります。
しかも、その力は、保護力を強くするし、触れるものを浄化するようになります。

それがまた、自分の力に還元されるので、一石三鳥のパワーを得ることができるのです。

そんなリサイクルの力は、自分を大きくしてくれます。

ただ、リサイクルするものが、大物だったり曲者だったりすると、変わる際に、ちょっとした面倒が起こることがあります。

というのも、その際に、中身が開けられてしまうからです。

中身が開けられるということは、一瞬であっても、それを知らなければならないということです。

臭いだったり、感触だったり、形だったり・・・。それはつまり、再現されるということです。

ここで一番に思い出してくるものは、猫の憑依です。

その猫は、うちの子でした。

ノラでしたが、餌づけで飼うことになって、検査やらで病院に連れていったのです。

ところが、ちょっとした隙に、院内で逃げ回ってしまいました。

大きな網を持って追い掛けられて、・・。

酷い目に遭わしているかも・・と、わたしは胸が痛かったです。(涙)

だから、捕まった後は、安心させるために抱っこしました。

ところが、この抱っこで、その子のメンタル霊を、取り込んでしまったのです。

そうとは知らずに、わたしは数日もの間、普通に過ごしていました。

でも、日に日に体が重たくなって、気が荒くなっていることに気づきました。

何か入ってる?

そう気づいた時、それは急に大きく膨張してきたのです。

そして、首ねっこを誰かに掴まれた感じで、体を左右にブンブンと大きく揺さぶられたのです!

ヤバイ!そう、感じたわたしは、とっさに、誰かわたしを抑えてー!と叫びました。(実声)

ガシッ。

そうやって、抑えられても、腕を噛もうとしていました。

だけど、そんな中でも、意識は、何だ。何だ。これって何だ。でした。


で、少し落ち着いて座ると、病院の出来事を、神が見せてくれました。

あ!あの時のビックリした時のやつだ!

うちの子そうだったの?

って、泣きそうな気持ちになりました。


ま、わたしも網ではなかったけれど、人に取り押さえられたのですから、うちの子の再現というワケです。

これで分かったことは、その子の怖い思いです。

そりゃもう、殺されるぅ~~~ってもんじゃなかったですからね。(必死)


きっと、知らないよりも知ることができたこと、それが思いやりになったと思います。


動物霊が付くと、大変というのは本当です。

彼らは、野生なので、エネルギーがいつも本気だからです。

でも彼らは、ちっとも悪いことはしません。

わたしたち人間の都合で、介入するから面倒なことが起こるのです。

本当の思いやりとは何でしょう?

暮らしの違いこそあれ、どれが正しいとかは無いかも知れませんが、昔も今も引き継がれている課題だと思います。

皆さまも、うちの子をお大事くださいね。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ライトワーカーマリエでした。m(*^^*)m

人生を変えるスピリチュアル心理カウンセリングは
マリエの個人セッションまで
奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー


| 霊的現象あれこれ | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://angelmate.blog23.fc2.com/tb.php/893-7d504c38

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT