fc2ブログ

ライトワーカーマリエの人生が輝く『本当の自分になる方法』ミラクルアカデミーより

当サイトは、本当の自分に目覚めるためのスピリチュアルガイダンスです。自分が地球上で達成したい本当の願いを思い出し、実現するために必要な情報を発信しています。新しい人生を手に入れて楽しく生きたい方、自分も周りも幸せにしたい方は必見です。ライトワーカーのお仕事が上手くいく成功の秘訣も公開しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セラピーを受けて気分が落ちることも好転反応ですか No.856 

snail-4079080_960_720.jpg

Q:セラピーを受けて気分が落ちることも好転反応ですか  

A:良くなるためにセラピーを受けたのに、気分が落ちてしまうのは、残念なことです。

ですが、中にはそのような体験をされる方がいらっしゃいます。

好転反応は、良くなるために出てくる反応です。

セラピーは、良くなるための導きですが、その途中で気分が落ちてしまったり、悲しい気持ちになったり、あるいは興奮状態になったりと、反応はさまざまです。

なので好転反応は、デトックスと考えて良いと思います。

デトックスは、

良くなるために悪いものが出てくる。

正気になるために狂ったものが出てくる。

軽くなるために重たいものが出てくる。

というように、なりたい方向とは反対のエネルギーが出てきます。

その時間が短い場合は、セラピーの最中で楽になって終わるのですが、長くかかる場合は、セラピーが終わった後に出てくる場合があります。

長くかかる理由は、それだけ清算すべきことがあると考えられます。

たとえば、長く深く抱えてきた悩みや痛みは、体の深部にエネルギーが浸透しています。

長く深く浸透していたのですから、ゆるんで解放されるにも、それなりに時間がかかります。

落ち込んだり、悲しくなったり、あるいは興奮が出てくるのは、その感情を体験したその時にしっかりと表現せずに、抱え込んでしまったものです。

セラピーを受けて、当時の感情が出てくるのは、追体験をしているからです。

大事なことは、その感情を抑圧しないことです。良くなるために出てきているので。


セラピーは良くなるためのキッカケで、人の機能を正常に導いていきます。

目指しているのは健康、元気ですから、それが終点となります。

なので、たった1回のセラピーで絶対に良くなるというものでもないです。

そこは病気と同じで、自分の状態と付き合って、自分を導いていくことが大事です。

それでも長くかかりすぎ、ちっとも良くならないと思われるなら、手段が適切でないか、変えることが必要である場合もあります。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。
コメントいただけたら嬉しいです♪

あなたがますます輝きますように。
ライトワーカー マリエでした。m(*^^*)m

人生のお悩み相談ならスピリチュアルカウンセリングでスッキリ!
マリエの個人セッションまで

奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

#スピリチュアルカウンセリング #スピリチュアルセッション #ライトワーカー養成講座 #サイキック講座 #スピリチュアル講座 #チャネリング #ヒーリング #リーディング #霊視 #霊感 #前世透視 #未来透視 #霊的成長 #アセンション #次元上昇 #覚醒 #神戸 #板宿駅

| 3.自己変革について | 19:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://angelmate.blog23.fc2.com/tb.php/856-4c337be9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT