fc2ブログ

ライトワーカーマリエの人生が輝く『本当の自分になる方法』ミラクルアカデミーより

当サイトは、本当の自分に目覚めるためのスピリチュアルガイダンスです。自分が地球上で達成したい本当の願いを思い出し、実現するために必要な情報を発信しています。新しい人生を手に入れて楽しく生きたい方、自分も周りも幸せにしたい方は必見です。ライトワーカーのお仕事が上手くいく成功の秘訣も公開しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スピリチュアルにハマると現実が駄目になりませんか

hokkaido-4202825_960_720.jpg

Q「スピリチュアルにハマると現実が駄目になりませんか」

A、このご質問は以外に多いのですが、霊的な世界に夢中になると、現実とかけ離れた生活をしてしまうのでは?というお考えですね。

現実が駄目になるとは、周りとの協調性を失ったり、今までの生活ができなくなったり、全財産をのめり込んだ先にやってしまうというイメージでしょうね。

世間ではマインドコントールで、人格や人生が変わってしまった人がいますから、ハマると自分が変えられてしまうという不安があるかと思います。

スピリチュアルは、命あるもの全てが持っている生きる力です。

なので、とてもたくさんの分野や解釈、イメージがあります。

生きる力は、自分を存在させている力、活かしている力ですから、知っていくと何かに気づいたり、発見もしていきます。

あ~分かった!そっかぁ~!

という感覚は、まさにスピリチュアルの探求によって何かに気づいたり、発見した時の反応です。

その反応は、快感なので、ハマる理由は十分にあります。


現実が駄目になるかどうか?

ですけど、

ハマるとは、夢中になることですから、それはわたしたちが日常でよく体験しているものです。

たとえば、好きな人に夢中になっている時や何かを造作している時など。

一生懸命に勉強している時や心を込めて料理をしている時もあります。

で、それらは現実にダメになっているでしょうか?


いいえ。

ちゃんと食事もしているでしょうし、服も着ているでしょう。

お手洗いに行ったり、お風呂にも入っているでしょう。

夢中になっても、自分が生き伸びるために必要なことは必ず実行しているはずです。


では何が駄目なのか?

駄目なものは、そもそも疑問を持つ人の怖れのイメージではないでしょうか。

今まで通りが崩れてしまう恐れ。失う恐れ。

そんなことになったら自分は生きれないのでは?

という恐れ。

がしかし、

スピリチュアルは、生きる力ですから、夢中になって、自分が生きられない方向に向かうことは考えにくいんです。

というか、むしろその逆で、生きる力が湧いてくるものです。

気づいたり分かったり、発見したりするのですから。


そもそも夢中になる感覚は、幸せな感覚です。

周りは、

あの人は周りが見えてなくて自分を失っている。持っていたものを捨てている。

というように見えるでしょう。

でも、本人は新しい自分を発見しているし、新しいものを得ています。

だから夢中になるんですね。

そもそも人は、嫌なところに向かってはいきませんから。


夢中になると、現実のつながりが薄れたり、途切れたりすることはあります。

それでも、自分が生きるための世界は、自分が生きている以上、駄目になることはありません。

駄目になったら自分が生きられないので。

スピリチュアルにハマると現実が駄目になるかもとは、矛盾した質問ですね。

その答えもスピリチュアルを探求すると見つけることができます。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。
コメントいただけたら嬉しいです♪

あなたがますます輝きますように。
ライトワーカー マリエでした。m(*^^*)m

人生のお悩み相談ならスピリチュアルカウンセリングでスッキリ!
マリエの個人セッションまで

奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

#スピリチュアルカウンセリング #スピリチュアルセッション #ライトワーカー養成講座 #サイキック講座 #スピリチュアル講座 #チャネリング #ヒーリング #リーディング #霊視 #霊感 #前世透視 #未来透視 #霊的成長 #アセンション #次元上昇 #覚醒 #神戸 #板宿駅

| 1.スピリチュアルについて | 19:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://angelmate.blog23.fc2.com/tb.php/836-0b0bdd88

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT