fc2ブログ

ライトワーカーマリエの人生が輝く『本当の自分になる方法』ミラクルアカデミーより

当サイトは、本当の自分に目覚めるためのスピリチュアルガイダンスです。自分が地球上で達成したい本当の願いを思い出し、実現するために必要な情報を発信しています。新しい人生を手に入れて楽しく生きたい方、自分も周りも幸せにしたい方は必見です。ライトワーカーのお仕事が上手くいく成功の秘訣も公開しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

頭にボールのようなものが引っ付いています No.812 

Kさんのお悩み 30代女性
『ここ最近、頭にボールのようなものが付いていて、気になっています。自分でヒーリングをしてみたのですがなかなか取れません。どうすれば取れますか?』

image55_20190503203146e57.jpg

ヒーリングは波動を整体するものです。

できるようになると、自分はもちろんのこと、他人のメンテナンスもできます。


ヒーリングを行っていくと、

感覚が上がっていくので、

Kさんのように、違和感に対して、すぐに察知するようになります。


今回のケースは、自分はヒーリングができるのに、

自分の体についた異物が取れない、というものでした。

Kさんの異物は、誰かにヒーリングを行ってからとのことでした。

わたしは早速、波動を触っていきました。

確かに、前頭に丸いお団子のようなものが乗っかっていました。

ぼよん、ぼよん、と、それを押さえると、Kさんも感じていました。

そして、

これって何でしょうね?

と、わたしが言った途端、それはすぐに無くなってしまいました。

「あっ!消えた」って、Kさんと同時に声が出ました。


気になるは、

異物は一体、何だったのか?です。

イメージすると、色は乳白で、とても大人しい。

理由を付けるなら、形にならなかった思考という感じです。

Kさんの迷いかも知れません。


頭には、宇宙界の浮遊物が付くことがあります。

浮遊物は、人が想像したものや思考が形になったものなど、いろいろです。

それらは冷えていて微弱なので、

ヒーラーさんのように、感受性の高い人は別として、

たいていの人は気がつかないです。


宇宙界の浮遊物は、ゆっくり浸透する性質を持っています。

しかも、

それらは、人の体の中を、出たり入ったりもしています。

体の表面に現れたのは、それらが形になったものです。

浄化する時ですね。


共通して言えるのは、宇宙界の浮遊物はどれも、地球の情熱に弱いということ。

地球はリサイクルの力があるので、温かい心で接触すると異物は癒されて消えてしまうのです。


ヒーリングするに、原因を解明することは、さほど重要なことではないと思います。

大事なことは、

その人をどれだけ大事に思うかというところ。

その気持ちが温かいほど、癒しが大きいです。


Kさんがご自身で、異物を取ることができなかったのは、ヒーリングする者とクライアントが、同じ自分であったこと。

温度差がないから、難しいのかも知れません。

も一つ考えられるのは、自分が持っていない波動を得るため。

ヒーリングを行うと、相手と自分のエネルギーが融合するので、お互いに波動を高めることができます。

Kさんもわたしも、スッキリした体験でした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

次の記事  『就寝中に体が大きく揺り動かされます』
前の記事  『人に裏切られネガティブ思考から抜け出せない』
 カテゴリのトップページ『ケーススタディー事例集』
 ブログのトップページ『本当の自分になる方法』

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。
コメントいただけたら嬉しいです♪

あなたがますます輝きますように。
ライトワーカー マリエでした。m(*^^*)m

人生のお悩み相談ならスピリチュアルカウンセリングでスッキリ!
マリエの個人セッションまで

奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

#スピリチュアルカウンセリング #スピリチュアルセッション 
#ライトワーカー養成講座 #サイキック講座 #スピリチュアル講座 
#チャネリング #ヒーリング #リーディング #霊視 #霊感 #前世透視 #未来透視 
#霊的成長 #アセンション #次元上昇 #覚醒 #神戸 #板宿駅

| 6.現象のお悩み | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://angelmate.blog23.fc2.com/tb.php/812-3550fcfd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT