fc2ブログ

ライトワーカーマリエの人生が輝く『本当の自分になる方法』ミラクルアカデミーより

当サイトは、本当の自分に目覚めるためのスピリチュアルガイダンスです。自分が地球上で達成したい本当の願いを思い出し、実現するために必要な情報を発信しています。新しい人生を手に入れて楽しく生きたい方、自分も周りも幸せにしたい方は必見です。ライトワーカーのお仕事が上手くいく成功の秘訣も公開しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

息子が問題を起こして困っています/家族のお悩み No.807

Aさんのご相談 40代女性
『高校生の息子がいるのですが、学校で暴力問題を起こして何度も呼び出されました。家の中でも暴れたり、暴言を吐いたりで手に負えません。どうすれば良くなりますか』

white-2563976_640.jpg
StockSnapによるPixabayからの画像

Aさんは、息子さんと2人暮らし。

口論が絶えない日々を送っていました。

家の中はいつも荒れています。

病気になってもゆっくりと休めない状態‥。

Aさんは、離婚したことを後悔したことはないそうですが、

父親のように叱ってくれる人がいないことを、辛く思っていました。


セッションは、お宅訪問という形で行いました。

通されたお部屋は、ダイニング。

そこで気になったのは、床でした。


床を修理しなければならない。

Aさんは、そのように言いました。

どれくらい放置していたのでしょうか‥。

そこは腐って危険な状態になっていました。


霊査して分かってきたこと。

それは、他人が家の中をゴソゴソと動き回っていること。

その人物は霊の世界にいて、中年くらいのやせ形の男性。

あのダイニングの床からやってきていました。


聞けば、

Aさんは以前、誰かが家の中にいる気配がしたということです。

善い行いをしないその霊体‥。

それは次元の低いところにいる存在です。

いわゆる地縛霊でした。


地縛霊は、自分が死んだ後、土地や建物から離れられずにいる霊体のこと。

強い執着によって、死んだ後、その行動を繰り返します。

感受性の強い人は、その存在を、何らかの形でキャッチすることがあります。


Aさんは息子さんと揃って感受性の強いタイプでした。

感受性が強いということは、引き寄せるアンテナがそれだけ強いということ。

でも、引き寄せたは良いけれど、コントロールができなければ、

影響をそのまま受けてしまいます。


Aさんの息子さんの行動は、この霊体の影響でした。

コントロールができなかったのは、二人とも気が弱っていたからです。

Aさんは、離婚を機に、病になってしまいましたし、

息子さんはその当時、特に多感な年頃でした。


虚弱になると、波動は下がります。

低波動は、その時に通じやすくなります。

この霊体を引き寄せたのは、この時の2人の状態でした。


家は住んでいる人を表します。

破損や劣化は、人の体でいうと、家の病気です。

健康な状態にしてあげないと、そこから病が肥大していきます。

健康になると、自ずと保護膜ができます。

保護膜は結界と同じ。

自分にとって不要なものは、波動がはじき出してくれます。


病を治そうとする心掛けは大事です。

でも、もっと大事なことは、病んでいるところに愛情を注いでいくことです。

これは地縛霊に対しても言えること。

彼らは執着に縛られているので、ちゃんと回復せねばなりません。

追い払ったりせず、本人に自分がどんな状態であるのか理解させること。

それは、人が病にかかった時と同じ対応です。

縛っている理由を外側にだすと、人は向き合うことができて、冷静になることができます。


Aさんは早速、家を修理することを決められました。

気になるところは、Aさんのエネルギーを消費していました。

だから、どれだけ思いを込めても、Aさんの言葉は息子に響かなかったのです。


その後、Aさんの息子さんは、就職活動をされました。

もちろん、それはAさんの応援があってこそです。

二人はよく話し合っているとのことでした。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ライトワーカーマリエでした。

次の記事 『ワケあり上司と結婚できますか』
前の記事 『誘われると断り切れない性格を変えたい』 
カテゴリのトップページ『ケーススタディー事例集』
ブログのトップページ『本当の自分になる方法』

| 2.家族のお悩み | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://angelmate.blog23.fc2.com/tb.php/807-d2af85b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT