fc2ブログ

ライトワーカーマリエの人生が輝く『本当の自分になる方法』ミラクルアカデミーより

当サイトは、本当の自分に目覚めるためのスピリチュアルガイダンスです。自分が地球上で達成したい本当の願いを思い出し、実現するために必要な情報を発信しています。新しい人生を手に入れて楽しく生きたい方、自分も周りも幸せにしたい方は必見です。ライトワーカーのお仕事が上手くいく成功の秘訣も公開しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マズローから学ぶ成長段階 fc2ブログNo.719 

成長には段階があるそうです。自己実現するには何が必要なのでしょうか。理論の角度から見ていきたいと思います。

アメリカの心理学者アブラハム・マズローは、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する」と、人間の欲求を5段階の階層にし、自己実現のプロセスを理論化しました。

マズローの自己実現理論

マズロー1

自己実現は、欲求を満たした上に成り立つものです。だから、欲求が満たされていないと、足場が不安定になるということです。

生理的欲求や安全欲求は、生存するに大きな影響を与えるので、そこが満たされていないと、世界の何処に行っても、安心できたものではないです。

社会的欲求にしても、愛情が満たされていないと、自己価値は落ちてしまうし、酷い場合は、魂のレベルにまで傷が及んでしまうことがあります。

もし、今の自分に納得がいかないなら、何処かでステップを踏み外している可能性があります。その場合は、過去を振り返り、人生の棚卸しをすることが大事です。

人生の棚卸しは、自分の身に何が起こったのか、事実を調べるものです。自分を客観的に見て行くと、気が付かなかった感情や思いを知ることができます。

けれども、過去の傷は、自意識がある段階は、思い出せるものですが、赤ちゃんや幼児期に受けたものは、無意識に影響しているものです。

人は、気が付いた時に自分にあるものは、それが自分だと思い込んでいるものです。だけど、それが本当の自分ならば、自己実現は早く叶うはずです。だから、自分が行っていることに対して疑うこともないでしょう。

自己実現は、魂の計画なので、到達すると、これが本当に自分の叶えたかったことなのかも知れないという曖昧な感覚にはならないものです。むしろ、到達することで、魂から感動が起こるものです。

マズローは、現実に自己実現を果たした人は少なく、また欲求が欠乏していても、それなりに耐性が生まれ、自己実現の活動ができると言われました。晩年には、自己実現の上には、超越の欲求があるとされました。

思うに、欠乏欲求があっても、それを知っているのと、知らないのとでは、意識の持ちようは違うのではないでしょうか。わたしは、満たされない部分があると知っていることは、欲求を超えた愛ではないかと思うのです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。ライトワーカーマリエでした。

次の記事  『未発達と特殊能力の関係』
前の記事  『幸せになる法則』
 カテゴリのトップページ『スピリチュアルレクチャー』
 ブログのトップページ『本当の自分になる方法』

| 3.成長のプロセス | 16:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://angelmate.blog23.fc2.com/tb.php/719-a3705022

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT