fc2ブログ

ライトワーカーマリエの人生が輝く『本当の自分になる方法』ミラクルアカデミーより

当サイトは、本当の自分に目覚めるためのスピリチュアルガイダンスです。自分が地球上で達成したい本当の願いを思い出し、実現するために必要な情報を発信しています。新しい人生を手に入れて楽しく生きたい方、自分も周りも幸せにしたい方は必見です。ライトワーカーのお仕事が上手くいく成功の秘訣も公開しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

寄り添うことは快復の第一歩

思い出すこと40代に入ってから、同級生に会うと健康の話題が増えました。子育てや仕事、家庭の切り盛りで積もり積もった疲れが出てくる年代のようです。体は資本と言われますが、その思いは日に日に強くなっています。

聞いたことがあるかと思いますが、体は神様からの贈り物です。とは言っても、生きている間だけなので、いつかは返す時がやってきます。それまで、自分がケアする責任があるし、大切にしないとあちらこちらがほころんできます。

自分のメンテナンスは、立場に追われていると、後回しになりがちです。疲れは、“憑かれ”とも言われ、こだわりに囚われていることもあるので要注意です。

疲れを癒すことは、陽の当らない部屋に光を当てる様なものです。光を当てると、そこに在るものは甦り、行くべき道に向かうことができます。

具合の悪いところにフォーカスすることは、光を当てることと同じことです。その光が受容に満ちていると、ものごとはその導きによって、変容を起こしてくれます。このプロセスが浄化といわれるものです。

浄化は、追い払うこととは意味が違います。追い払うことは、自分にとって都合の悪いもので、最後の面倒見は他人任せになります。群がる鳥に、何処かに行けと蹴散らしているようなものです。

人は勝手なもので、自分の都合の悪いことは、理解しようとは思わないものです。避けているものから学ぶことは多いのに、面倒なことだと思い込んでいるのでしょうね。

職場や家族にしても、誰かが不具合を起こすと機能は落ちます。それは、自分の身の一部が怪我をしていることと同じことです。体裁や都合が悪いからといって、ヘタに元気づけると、疲れの種が活気づけられてしまいます。

機能が落ちることは、何某か原因があるものです。それを知ると、新しい道がひらきます。そうすることによって、エネルギーも行き場に向かうことができるのです。

体は怪我をしたらその部分を周りが補おうとするものです。人が回復するに、関係している人は重要な役割を持っています。見守ることも大事だけど、道を作ることも大事なことなのです。

人は弱っている時こそ、本当のことが出ています。弱さを出すから強くなっていくのです。人の弱さを受け止められる優しさこそ、本当の意味で強い人なのです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

あなたは、自分が弱っている時に、寄り添ってくれる人はいますか。もし、見当たらないのなら、自分からやってみてください。何かが変わっていくと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございます。ライトワーカーマリエでした。

次の記事  『堂々巡りから本気で脱出する方法』
前の記事  『依存関係を断ち切る視点』
 カテゴリのトップページ『ステージ上昇の秘訣』
 ブログのトップページ『本当の自分になる方法』

| 3.癒しと活性化 | 13:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://angelmate.blog23.fc2.com/tb.php/675-aa14224e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT