fc2ブログ

ライトワーカーマリエの人生が輝く『本当の自分になる方法』ミラクルアカデミーより

当サイトは、本当の自分に目覚めるためのスピリチュアルガイダンスです。自分が地球上で達成したい本当の願いを思い出し、実現するために必要な情報を発信しています。新しい人生を手に入れて楽しく生きたい方、自分も周りも幸せにしたい方は必見です。ライトワーカーのお仕事が上手くいく成功の秘訣も公開しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

前世は本当にあるのかないのか?

催眠療法で、前世退行催眠セラピーというのがあります。

催眠で過去に退行し潜在のリソースから解決の糸口をみつける手法です。

過去に於いた課題を、催眠の中で追体験(再体験)するのです。


心理療法の中でも、前世療法はポピュラーなセラピーですが、ヘタをすれば、体験者の状態が重くなる場合があります。

それは、過去の生き方が、とんでもない生き方をしていた場合に多く、それらをしっかり受け止める準備ができていない状態‥自己の内面を見つめ慣れていない退行催眠が初めての頃が殆どのようです。

催眠中は、無の境地=無防備な状態であるため、すんなり行った先の過去の状況に、すんなり行ってしまい、その時の感覚・感情を直に受けます。‥つまり、心の準備もなく分からないままに行くと、想定外の衝撃を受けることがあるのです。

どんな衝撃なのかは人によって違いますが、たとえば、現世で関わる人を、過去に殺害した、殺害された。あるいは、人を犯した、犯された。惨殺した、惨殺された。残酷な目に遭わせた、遭わされた。仕打ちをした、された。気がおかしい、反撃者、宗教者、独裁者、自殺、欺瞞者、詐欺者、陰謀者、だったなど‥。

すんなりその時の自分に重なり、感覚・感情を再体験します。事柄を傍観するのではなく、その時の自分そのものを知るのです。

だから、
「まさか‥?!私がこの人をそんなことをするわけがない!」となります。


現世は、少なからずともその種が残っている為(自覚がないくらい)、知るべき事柄として、退行したら行きつくわけですが、今の自分とは信じられないくらい、別人で尋常じゃないため、衝撃を大きく受けます。
しかし、人によって違いはありますが、それからだんだんと、内側から自分を認め始めますので、いつかは気が落ち着き軽くなっていきます。

セラピストの中でも、この衝撃を受けたクライアントさんをケアできない人も少なくないようです。
例え、ポピュラーなセラピーであったとしても、重くなる体験は、それだけ重要性があるのではないか?なぜなら‘知る’という体験は、自分が智恵を覚醒することですから、重い分だけ智恵があるということになるのでは?です。
これを避けていては、根深いところのブロックは解消されないままかも知れません。今はいろんなセラピーがあるので、断言はできませんが。


で、ここでよくある疑問ですが、前世は本当にあるのかどうか?


概念は、人によってさまざまですので、「ある」と言えばあるし、「ない」と言えばないのです。
どちらが正しいか議論しても、判定はできません。

「ある」と答えた人には、「ある世界」が展開(創造)され、「ない」と答えた人には、何もないのです。

前世を体験した者は、前世を知ってしまう訳で、知る瞬間に「確かにそれは私だ」という実感が起こります。腑に落ちるという感覚です。
頭で考える思考的な「分かる」ではなく、情動的で深層意識から揺さぶられて洗礼される感覚が起こります。簡単に言えば感動です。

前世の話‥いわゆる他人の話や虚言は、実感がないため、本当かな?となります。
占いで前世が当たるか?当たらないか?は、確認の仕様がないと言われますが、ご本人の内側で腑に落ちる感覚があれば、「当たってる」、と自分自身が納得します。これが確認です。
この感覚的認識がなければ、本物ではないかも知れません。(かも知れない‥と言うのは、核心から遠い‥ご本人の中でもさほど重要性を担っていない事柄であることもあるため。しかし、時期がきたら腑に落ちる。)

思うに、

前世療法は、潜在ブロックを解消するテクニックとして、人の創造力(右脳のイメージを立体化)の機能を上手く使いこなしているとも言えます。
しかし創造力といえども、相当高度な脳機能なので、過去も現世も、現実の理に叶った理由が絡み合っていることから、この脳の仕組み事態を前世と言ってもいいのではないか?と思います。

疑問は理由があれば、解消しますから、前世は解消アイテムの一つなんですね(^^)

----------

byミラクルアカデミー(^-^)マリエ

| エトセトラ雑学 | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://angelmate.blog23.fc2.com/tb.php/268-7eba292e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT