fc2ブログ

ライトワーカーマリエの人生が輝く『本当の自分になる方法』ミラクルアカデミーより

当サイトは、本当の自分に目覚めるためのスピリチュアルガイダンスです。自分が地球上で達成したい本当の願いを思い出し、実現するために必要な情報を発信しています。新しい人生を手に入れて楽しく生きたい方、自分も周りも幸せにしたい方は必見です。ライトワーカーのお仕事が上手くいく成功の秘訣も公開しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

記憶から消すという回復もあるということ‥★マリエのスピリチュアルメッセージ

greek-salad-2104592__340.jpg

こんにちは。

ライトワーカー☆マリエです。

スマホで見つけた美味しそうなレシピ。

えーと、お砂糖が何杯だっけ‥。

確認するたび、画面消えてるし。



前回は、荒々しい衝撃の体験談でした。

わたしの場合、その出来事が、小さなわたしと結びついたワケですが、

解放のやり方に正解はないです。


わざわざ掘り下げをする必要はない。

という方もいますし、どのような問題も、原家族に置き代える人もいます。

いずれにしても、最後にスッキリすれば、すべて良し!です。


今日は前回に続いて、気分が落ちた時の対処について、

補足していきたいと思います。

気分が悪くなるとか、気が重たくなるとか、

誰もが経験あると思いますが、気に関係した現象はたくさんありますね。

自分に何も起こらなければ、気は平穏です。

平穏だから、人は気の向いた方向に、生きることができるんですね。


気は自分の思いというか、意志が動いています。

でも、その方向に逆らうものに出会うと、方向が歪んでしまいます。

気の流れが悪くなるから、気が悪くなるというワケです。


なんとシンプルな!そのまんまなんですね。



もちろん、波動を整えれば、気は正常になります。

だけど、障害を受けた時の記憶は、自分の中にしっかりと保管されます。

出来事を思い出して、

あの時は大変だったなぁ~。

って、当時を客観視できるようになったら、出来事が収束したということです。


でも、ちょっともどかしいのが、

いつそのようになるのか、分からないところです。

早く元気になりたい!元に戻りたい!

そう思っても、癒しとか回復とか、解放とか、

時間と関係したものは、人はコントロールできないのです。


しかも、波動が乱れている時は、

いくら楽しい方向に自分をもって行こうとしても、そうはならないです。

その状態は、エネルギーが病んでいるので、

障害物と向き合うことが大事ですね。


エネルギーは、意識を向けた先に注がれるので、

向き合おうとすれば、障害物は感覚が見せてくれます。

後は癒すなり、再現するなり自由です。


どうせなら、いっそのこと消すことだってできます。

そうなったら、再現されることもないだろうし、平穏ですよね。


実は、わたしたちの記憶は、新しい情報をどんどん書き込んでいるけれど、

同時に、情報を消していることもしています。


それが、忘れる‥という感覚です。


もちろん、消えた出来事は、再現することはできません。

思い出そうとしても、空白しかありません。

だけど、それは意図的に使うことができます。


やり方はとても簡単で、

出来事に対して、“忘れよう”と、心で決めるだけ。

そうすると、その出来事は、癒され始めます。


この作業は、能力がサイキックになってきたら、

もっと楽にできるようになります。


だけど、都合の悪いことは、なんでもかんでも消せば良いものではありませんよね。

消せないものは、何か自分に得るものがあるということですから。

つまり、消せるものしか消せないということです。


やってみて消せなければ、それは価値がある!ということですね。


記憶力が弱ってきたことは、ある意味、都合の良いことかも知れません。

それだけ気が楽になりますから。

このように落ちた能力を、良いように解釈するのも、平穏の秘訣ですね。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今日も素敵にお過ごしくださいね。

ライトワーカー マリエでした。m(*^^*)m

人生を変えるスピリチュアル心理カウンセリングは
マリエの個人セッションまで

奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

| スピリチュアルメッセージ | 20:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://angelmate.blog23.fc2.com/tb.php/1102-bcdabd18

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT