fc2ブログ

ライトワーカーマリエの人生が輝く『本当の自分になる方法』ミラクルアカデミーより

当サイトは、本当の自分に目覚めるためのスピリチュアルガイダンスです。自分が地球上で達成したい本当の願いを思い出し、実現するために必要な情報を発信しています。新しい人生を手に入れて楽しく生きたい方、自分も周りも幸せにしたい方は必見です。ライトワーカーのお仕事が上手くいく成功の秘訣も公開しています。

2019年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自己回復の底つき‥本当の救済とは≪セッションの場≫≪変革の規模≫No.1031 

こんにちは。
ライトワーカー☆マリエです。

肘が痛い。足が痛い。
これも想像を超える現象ですね。

前回のつづき。

mirroring-2968596__340.jpg

必然から始まった自己回復。

わたしは再生力を手に入れました。

それと同時に、アイデアが湧いてくるようにもなりました。

アイデアは、直観や閃きと同じで、高次元のセンスです。

使うかどうかは別として、それがやってきた時は、新しい感覚になるのです。


そんな時、天から降りてきたのが「ミラクルアカデミー」でした。

もちろん、屋号を何にしようかと考えていたワケですが。

わたしは、その時、見たのです。

気持ちが晴れ晴れとする青天から突然、言葉が降りてくるのを。

それは美しく、現実くらいにハッキリとしていました。

わたしの感覚は、別の世界にいるのです。

それは、ちょっとした快感でした。


時は2010年1月。

ここからミラクルアカデミーは、スタートしました。

わたしは、もう自分に必要なものは、すべて修得したと思っていました。

ところが、妙なことに、セッションをすると、ふつふつと違和感が湧いてくるのでした。

それは自分だけの問題でしたが、意味が分かりませんでした。

それもそのはず、セッションは、相手のみならず、自分にも影響を与えるものだからです。
   ・
   ・
   ・
≪セッションの場≫

ここで言うセッションとは、霊的成長の場のことです。

セッションは、お互いの歩み寄りで、新しい未来をクリエイトするものです。

それは、どちらか一方が、相手を配下に置くものではありません。

相手を尊重し、協力し合って、エネルギーを開発させるものなのです。

この50度の関係は、高次元をひらく扉となります。

お互いの力がフィフティーフィフティーになると、天から必然が降りてくるのです。

もし、力が偏っていると、そうはならず、エネルギーは歪んだ方向に行ってしまいます。

それはサポートする側のコンディションにも言えることです。

自分が焦っていたり、コントロール意識を持っていたりすると、結果があらぬ方向に歪んでしまうのです。

ですから、セッションの場は、サポートする側が、いかにノーマル状態であることが大事なのです。

ノーマル状態とは、もちろんゼロの空間です。

主観でモノを言うのは悪くはありませんが、それはあくまで自分なりの答え。

高次元の答えは、サポートする側にとっても、新しいものなのです。
   ・
   ・
   ・
幸いにも違和感は、導きでした。

というのは、違和感さえ修正すれば、元気になるからです。

この体験は、新しい経路をひらいてくれました。

だから、違和感が、相手のものか自分のものか、ジャッジするのはナンセンスというものです。

とにかく、反応しているのは自分ですから、放っておくワケにはいきませんよね。

わたしは、そうやって、さらに自分を整えていきました。


そんなある日、また必然がやってきました。

それは、図書館でのこと。

ふと目に飛び込んできたタイトルがありました。

中をみると、わたしのことが書かれていました。

その内容は、家族の問題についてでした。

直観的に、子供の頃から封印してきたことを思い出しました。


やっぱりここなんだ‥。

わたしは、どうやっても、ぬぐいきれない、自分との違和感があったのです。

でも、それと向き合う自信は、ありました。

というのは、もう幾度となく、変革を経験してきたからです。

でも、その作業は、生ぬるいものではありませんでした。

なんせ自分史上、最大に避けてきたものですから。


家族の問題は、自分の原点でした。

確かに、ハイヤーの降臨では、前世の因縁が解き明かされました。

神の審判では、魂の入れ替えがありました。

そして、本来の能力を取り戻しました。

でも、何もかもが一新したワケではなかったのです。


現実の問題は、思考。

そこは現実を生きている本人しか取り扱うことができないのです。

そりゃそうでしょうね。

いくら優れたエスパーでさえ、他人に代わって生きることはできませんから。


誰もいない空間で自分と向き合う。

原点の作業は、自分一人でできるものでした。

わたしは誰も要らないと思いました。

返ってそのシチュエーションが、エネルギーの歪みになることを知っていたからです。


やがて、恐ろしいことが起こりました。

信じられない言葉や感情が、わらわらと出てきたのです。

自分の世界が歪みに歪んで、崩壊するに崩壊して、その感覚はエグイのなんのって酷いものでした。


抑圧は、圧力鍋のようなものです。

フタをすれば、ものごとは、グツグツと煮えたぎっていきます。

道理で、人が嫌なものを避けるはずです。

フタを開けると、一気にとんでもないものが飛びだしてくるからです。


潜在意識に放り込んだものは、自分の成長と共に、育っていきます。

だんだん膨張してくるので、いつかはそれが浮上してきます。

年が若いうちは、誤魔化す力もあるけれど、年を取ってくると、その力も弱まっていきます。

その時が、フィフティーフィフティーの関係かも知れません。


本当の意味で、過去を清算するのは、現実問題です。

再体験は、恐怖が消えるので、前世はあると考えても問題はありません。

重要なのは、どう生きるか?

ただそれだけなのです。
   ・
   ・
   ・
≪変革の規模≫

概念には規模があります。

小さくは、観念というものです。

原点は、個人。

次の規模は、家族。

そして、地域、社会、国、世界、宇宙、さらにその上の宇宙、さらに‥と順に大きくなっていきます。

世界規模の変革は、世界が丸ごと変わるということです。

宇宙規模だと、それ以上ということに。

もう想像できませんが。

地域や社会の規模は、まだ他者を垣間見ることはできます。

いわゆる集合意識ですから。

そんな規模ですが、変革の大きさは、人の力に掛かっています。

変わりたいと願えば、それは潜在意識に通じて、地上に表れてくるのです。

現実化する力は、地球が持っています。

だから、最初に、地球につながることが大事です。

それが、原点なのです。
   ・
   ・
   ・
わたしは、過去を棚卸しする必要がありました。

それは、閉じ込められている小さな自分を見つけるためでした。

身に起こった事実を調べていくと、真実が見えてきました。

それは、本当の自分でした。

ここで分かったことは、人が意識を向けた先は、光を与えているということでした。

もう一度、生きなさい。

と。

意識が生命力であること、見ることは本当の救済だったのです。

次回につづく。


あなたも、自分の闇に光を与えませんか?

印象も変わるし、気持ち良くなっていきますよ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今日も素敵にお過ごしくださいね。

ライトワーカー マリエでした。m(*^^*)m

人生を変えるスピリチュアル心理カウンセリングは
マリエの個人セッションまで
奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

| アセンションの道のり | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

霊的成長のプロセスに出会う必然のできごと≪ゼロフィールド記録≫≪必然の仕組み≫No.1030

こんにちは。
ライトワーカー☆マリエです。

統計学でいうと、わたしは優柔不断らしい。
ぬぬぬ。
どう受け止めて良いのやら、そこがすでに優柔不断?

前回のつづき。

ring-of-fire-2141192_960_720.jpg

時は2008年秋。

天啓から2年が経過しました。

わたしはスピリチュアルの世界にまい進していました。

それでも、調子はまだ不安定なままでした。

でも不思議と、スピリチュアルの活動をしている時は元気でした。

体質というか能力が、活かされていたからでしょう。


トランスの感覚は、わたしにとって心地良いものでした。

そこに入ると、何もかもがリセットされるのです。

しかも、何らかの気づきや発見もあります。

トランスが深くなれば、それだけゼロの空間に近づいていくということ。

もちろん、そのように設定していることが前提ですが。


トランスは、感覚が深まっていくと、しがらみは外れだし、本来のパワーが目覚めてきます。

この仕組みは、感覚さえ知っていれば、誰もが高次元につながることができるものです。

つまり、誰もがハイヤーセルフに成り得ることができるということなのです。
   ・
   ・
   ・
≪ゼロフィールド記録≫

記憶は脳に貯えられるのではなく、真空に貯えられています。

真空とは何も無いのではなく、何かを秘めているゼロ(空)の状態です。

だから、とある一点にエネルギーを当てると、何かが瞬間的に現れます。

その現れは、受けたエネルギーを放出すると、パッと消えていきます。

この現象は、わたしたちが、向けた先に情熱を注ぐと、それは現れて、情熱を注ぐのを止めると、消えてしまうということです。

つまり、エネルギーは空間に投影されるということです。

だから、自分が見たり聞いたり感じたりするものは、自分がそこに情熱を注いでいるということなのです。

でも、無意識の欲求は、自覚していないものがほとんどです。

だから、自分がキャッチするものは、無条件に受け入れることが大事です。

それが無意識の欲求を満たすことになりますから。

そんなことから、真空はエネルギーがマックス状態で、振動数が激しいと考えて良いと思います。

アカシックレコードもゼロフィールド記録です。

そこにアクセスしようものなら、集中力‥つまり見たいという欲求と情熱が必要となるワケです。
   ・
   ・
   ・
スピリチュアルは繊細な世界です。

そのためなのか、スピリチュアルの業界でも、小さないさかいがありました。

どこも一緒かぁ~。

ちょっと残念にも思いましたが、所詮は人のすることなのです。

わたしは、優れた能力者でも人間であることに気づきました。


確かに、称賛される芸術家が、親として家族から尊敬されるとは限らない。

高学歴の人たちみんなが、他人から好かれる人格であるはずもない。

何かが高次元であっても、すべてが優れているとは限らないのです。

でもそれは、わたし自身にも言えることでした。


霊的に覚醒した。

次元上昇を経験した。

パラレルワールドにシフトした。

だからといって、人間性が豊かになったワケではありませんでした。

霊能力は、あくまで人間性を磨くツールに過ぎません。

そこは勘違いしてはならないところなのです。

でも、わたしはそうとは気がつかず、能力がすべてだと思っていました。


日に日に広がっていく現実と理想のギャップ。

スピリチュアルのサポートもだんだん行き詰っていき‥。

わたしは、何をどうして良いのか分からなくなっていきました。


そこから脱出できたのは、ヒプノセラピーとの出会いでした。

実は、ヒプノセラピーは、ヒーリングが通用しないクライアントさんのために、受けようと決めたものでした。

でも、この流れは高次元の采配だったようです。

というのは、そう決めた途端、その人から連日連絡があったのに、プッツリと途絶えてしまったからです。
   ・
   ・
   ・
≪必然の仕組み≫

必然は、必ずそうなることです。

自分にとって、それが必要であって、それ以外になりようのないことです。

すべてがピタッとマッチするので、直観的に分かるものです。

必然の中でも、分かりやすいのは、自分が避けているものが、どうしても巡ってくるという現象。

必然は、避けようがないのです。

偶然は、たまたまかも知れません。

でも、偶然が一致すると、それはもう必然です。

この現象は、歓迎していると、感覚は磨かれていきます。

なぜなら、必然は無意識の引き寄せだからです。

必然は、新しい未来へのバイパスです。

仕事でもニーズがないところは、声が掛からないように、呼ばれた先には、自分が活かされるニーズがあるのです。
   ・
   ・
   ・
結局のところ、セラピーは、自分に必要なものでした。

能力だけでなく、それが必要だったことは、人間性が問われているということ。

だんだん分かってきたことは、それが霊的成長というものでした。

セラピーには、変革のプロセスがありました。

その小さなモーターは、わたしに大きな改革をもたらしてくれました。


わたしは、変革の仕組みを、理解していきました。

人のやり方を模倣しても、本当の意味で、テクニックは自分のものにはならないからです。

でも、仕組みを知っていると、自分の経験や知恵を活かすことができます。


よくお見受けするのですが、能力が活かされないライトワーカーたち。

その原因は、間違ったやり方をしているか、感覚がひらいていないか、経験が未熟であることなど。

未熟なのは経験を積めば解消されます。

感覚がひらいていないのも、そこに属するものです。

でも、間違ったやり方は、ちょっと厄介かも知れません。

なぜなら、その理由は、自分ではなく、他人になろうとしているようなものだからです。

もし、そこで指導者に強い憧れや願望、理想があるなら、それはもう信者ですね。

でも、それはそれで幸せなことかも知れません。


霊的な世界は、物質世界と何ら変わりなく、結果には成り立ちや根拠があります。

仕組みを理解することは、結局のところ、エネルギーを理解することでした。

もちろん、テクニックも大事なことです。

だけど、その前に、良く知ることは、もっと大事なことだったのです。

次回につづく。


あなたも、必然を歓迎しませんか?

そうと思えば、どんどん導かれていきますよ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今日も素敵にお過ごしくださいね。

ライトワーカー マリエでした。m(*^^*)m

人生を変えるスピリチュアル心理カウンセリングは
マリエの個人セッションまで
奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

| アセンションの道のり | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

前世透視をやってみた。1/19ミラクル体験会の思い出  神戸「板宿駅」スピリチュアルスポット

こんにちは。

ライトワーカー☆マリエです。

久しぶりにミラクル体験会の思い出をつづります。

200119-2.jpg

ここんとこ、やや賑わっているミラクル体験会。

新しい出会いや再会で、エネルギーの触発が起こっています。

スピリチュアルの経歴は、人それぞれですからね。

それが誰かに必要なことだったり、活かされたりするので、面白いです。


さて、この度のミラクルワークは、「前世透視」をやってみました。

やり方は、

トランスに入り、真空間に行き着いた時に、「前世をみます」と宣言します。

あとは出てきた答を受け取るだけです。

慣れていないうちは、前世のパーツを、一つずつ丁寧にキャッチしていくと良いですね。

その場合は、トランスに入る、出るを繰り返します。


まずは男性か女性か。

次に外国人か日本人か。

肌は白いか白くないか、など。

二者択一の質問だと、答がヒットしやすいです。

慣れてくると抽象的な質問でも大丈夫になってきます。

年代は古いかすごく古いか、

だとか、

背は高いかやや高いかなど。


みごとに、全員の方が透視に成功しました。

自分はできるのか?

と、思っていた方もです。


実は、透視は自信があるとかないとかの問題じゃないんです。

いかに集中できるかに掛かっているものなのです。


集中すると、思考は外れます。

だから、疑いや怖れも外れてくれるのです。

何だろ?

ただ単純に、そんな興味の意識があれば良いのです。


感覚が楽しめて、思考が外れて。

トランスには、そんな一石二鳥の得があります。


楽しい時間はあっと言う間でした。

アフターも盛り上がったまま突入でした。

何かのご縁で集まったわたしたち。

いつかまた、そうゆうことだったんだ!と、新しい発見をしたいです。


みなさま、今回もご参加くださって、誠にありがとうございました。

来月のミラクル体験会の予定も決まりました。

ミラクル体験会の開催予定はこちら★インフォメーションにて

ぜひ、またお会いしましょうね!

人生を楽しく生きたい方も、ぜひいらしてくださいね!

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今日も素敵にお過ごしくださいね。

ライトワーカー マリエでした。m(*^^*)m

人生を変えるスピリチュアル心理カウンセリングは
マリエの個人セッションまで
奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

| 体験者の声 | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夢の中の修行‥浄化すべき大物の正体≪セドナメソッド≫≪浄化の経路≫No.1028 

こんにちは。
ライトワーカー☆マリエです。

寒いとやたらに食べてしまいます。
これって本能でしょうか。

前回のつづき。

candles-2000135_960_720.jpg

終わりと始まり。

何かが始まる前には、何かが終わります。

わたしは最初、何もかも失ったように思いました。

けれども、実は何も失っていないことに気づきました。

それは、みんなとのご縁や思い出でした。

失うと、価値は上がるのでしょうか。

良いことも悪いこともすべてが輝いてみえました。

わたしは、本当に良い人達と巡り会った。

素晴らしい体験をさせてもらったと、心から思いました。
   ・
   ・
   ・
≪セドナメソッド≫

ヘイル・ドゥオスキンは、人生を変える一番シンプルな方法としてセドナメソッドを紹介しています。

セドナメソッドは、解放すれば思考は自然に変わることを原理としています。

解放するものは、ネガティブとは限りません。

ポジティブも解放すると、より良くなるというものです。

解放は、手放しです。

感覚は、手放しが起こると、より良いものを編成して浮上してくるのです。

だから、大事なものを捨てると、より大事なものが入ってくるというワケです。

良いものを持ち続けようとするのは、ある意味、執着かも知れませんね。

解放すると、本当の望みがやってきます。

欲求を捨てると、本当の欲求が分かってくるということです。
   ・
   ・
   ・
生活は、一転しました。

それまで、時間に追われていた毎日が、やたらに時間だけがあるようになりました。

だんだん湧き上がってくる疲労感。

わたしは、とにかく寝ました。

ワーカーホリックだったのか、10年以上も364日働いていましたから。

10時間、12時間は当たり前。

時には、18時間も寝ていることもありました。

目が覚めて2時間ほど、ゴソゴソと動いたらまた寝るといった調子でした。

ところが、体調は一向に良くなりませんでした。

むしろその反対で、だるい。しんどい。重たい。が増す一方。

いつか自分は溶けていくのではないかと思うくらいでした。

でも、これも霊能力の覚醒に必要なことだったのです。


わたしの夢は、霊的な現象が起きていました。

初めは、体を大きく揺さぶられたり、押されたりしていました。

宇宙のポータルに吸い込まれそうになったこともありました。

だから、思考は夢の中でもハッキリ動いていました。

夢が現実くらいにリアルだったのです。


そして、現象はだんだん大きくなっていきました。

生き霊がやってくることもあったし、人の痛みや苦しみをまるごと身代わりになることもありました。

避けることはできません。

それがいつどこで自分に入ってきたのか分からないのです。


わたしは、一つのエネルギー体を浄化するに時間が掛かっていました。

感覚は、細部に渡って感受していたのでしょう。

だから、感覚がエネルギーをまとめるまで、付き合わされるのです。

この浄化は、浮遊霊や地縛霊を祓うレベルではありませんでした。

それらは、ある意味、すでにまとまった存在です。

ところが、浸透性が高いものは、正体が分かりにくいのです。

しかも、エネルギーは新しいほどパワフル。

今、生きている人のエネルギーが、最大の力を持っているのです。

思念、願望、主張、欲望‥。

人は、そんなエネルギーを生み出しているのです。

人間が一番、厄介なんだ‥。

わたしはそう思いました。
   ・
   ・
   ・
≪浄化の経路≫

ここで言う浄化は、エネルギーを清浄してきれいにすることです。

清浄されるとエネルギーは、本来のパワーに戻ります。

それは人を本来あるべき状態にするということです。

つまり、機能的で元気になるワケです。

浄化力は、感受性に掛かっています。

それが、エネルギーを吸着するセンサーとなります。

だから、感受性が豊かということは、吸着力が豊かということです。

でも、受け身の姿勢では、自分が重たくなるばかりです。

だから変換する力を養っていくことが大事なのです。

浄化の経路は、体験することによってひらきます。

知識もそれと同じように、自分の経験で証明できない限り何の役にも立たないものです。

ドグマ中毒といわれる人が、どれだけ説明しても言葉に説得力はないのです。

経験した実感、その波動が経路になるのです。
   ・
   ・
   ・
わたしは、霊現象から学ぶことが増えていきました。

でも、自己回復も大事なことでした。

なぜなら、わたしの元気は、なかなか回復しなかったからです。

それまで、日々することに追われ、時間に追われ、責任に追われてきました。

ただ、がむしゃらに生きてきたのです。

寝ても寝ても、落ちていくパワー。

緊張が骨の髄まで浸透しまくっていたのです。

次回につづく。


あなたも、元気を取り戻しませんか?

心身を一緒に休めると、本当のパワーが復活してきます!

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今日も素敵にお過ごしくださいね。

ライトワーカー マリエでした。m(*^^*)m

人生を変えるスピリチュアル心理カウンセリングは
マリエの個人セッションまで
奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

| アセンションの道のり | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ついに捨てる時が‥そして新たな道が≪人生の軌道修正≫≪霊的ビジョン≫No.1027 

こんにちは。
ライトワーカー☆マリエです。

ここんとこ、夢がリアルです。
目が覚めた時に、ここは何処?って、思うことも!

前回のつづき。

church-828640_960_720.jpg

自分が築いてきたものは大きかったです。

お店もスクールも、ゼロから始め、支店や教室も増えました。

なによりスタッフに恵まれていたことは、大きな財産でした。

でも、みんなは、現実を冷静に見ていたのです。

本来なら、わたしが気づくべきこと。

「閉じませんか‥」

そんな言い出しにくいことを、言えたのは、信頼しているからこそ。

でも、それがまた、わたしの胸を痛めました。


時間が経つと、わたしはそれが最善の策に思えてきました。

もう、それしかないのです。

どうあがいても、現状は悪化していたのです。

わたしはすべてを捨てなければなりません。

でも、スタッフは再び、このようにも言ってくれました。

「永遠のお別れではなくて、また巡ってくることもありますから‥」

この言葉が、最終的にわたしを納得させてくれました。
   ・
   ・
   ・
≪人生の軌道修正≫

未来は、今ここで何を選択するかで変わります。

それは、枝分かれになった道と同じです。

でも行った先で、迷ったり、行き詰ったりしたら、引き返さなければなりません。

原点は、人を初心に戻してくれるのです。

しかも、そこで経験してきたことが活かされます。

だから、次に行く道は、以前よりも生き甲斐があるのです。

しかし、リスタートするには、過去は捨てなければなりません。

原点は、ゼロだからです。

何も持たないことは、自分のパワーが100%になるということ。

最高最善は、すべてを捨てた時にやってくるのです。
   ・
   ・
   ・
わたしは時々、神を恨むことがあります。

自分は一生懸命やっているのに、どうして嫌な目に遭わせるのかと。

どうして大事なものを奪っていくのかと。

今やっていることをどうして諦めたり、止めたりしなければならないのかと。

きっと誰もがそうだろうけれど、今やっていることが、発展して大きくなることを望んでいるはず。

なのに、何が駄目で、何が間違っているというのか!

しかも、ここに行きなさいと上等な席が、用意されているワケでもない。

一体、どこに行けば良いと言うのか!


仕事を辞めたところで、わたしはどう生きていけば良いのか分かりませんでした。

確かに、霊能力を活かしていきたいと望みました。

でも、築き上げたものは、要らないとか捨てたいとか望んだことはありませんでした。

しかし、多くのものは、この先、持っていけないようでした。

ただ、あの未来透視は、本当だったということです。

そしてついに、その時はやってきました。

お店は、翌年が明けて早々、閉店となりました。

でも、それを決意したのは秋だったのです。
   ・
   ・
   ・
≪霊的ビジョン≫

霊的ビジョンは、現実の形とは違うものです。

たとえば、オーラの小さな人は、小さな人間で表れ、心の美しい人は、美しい姿で表れます。

それは、見る人の想像力を借りて、高次元が分かりやすくイメージ化したものです。

エネルギーの具現化ですから、そこは実際の姿形とは違っているのです。

イメージのパーツは、それぞれに意味があります。

名画と同じ様に、意味は理解していく必要があるのです。

また、それがいつであるという特定も、感覚で読まなければなりません。

潜在意識は、時間のない空間だからです。

だから、ビジョンから推測して、自分が決める必要があるのです。

後になって、そうゆうことか、と分かることは多いにあります。

こうである!と断言するには、経験を積む必要があるのです。
   ・
   ・
   ・
結局のところ、すべては正しい選択でした。

お店や教室は、偶然にも、ちゃんと引き継ぐ人がいたのです。

教室は、たまたま海外から帰国した生徒さんに。

ネットのお店と支店は、それぞれの店長さん、ということに。

それは、誰もが考えつかなかったことでした。

発想というか、その閃きは、上手い具合に天から下りてきたのです。

人生の軌道修正は、わたしだけではありませんでした。

現実の変化は、それぞれが、自分の力を信じて生きていく機会だったのです。


次元が変わることは、このように大変なことです。

小さな次元上昇は、現実の在り方を大きく変えるものではありません。

残念ながら、それなりの上昇でしかないのです。


この世は、カルマと同じで、プラスとマイナスが背中合わせです。

出したエネルギーと、受け取るエネルギーは、同等なのです。

つまり、反動が成長のステップというワケです。

大きなエネルギーを注いだら、それなりに大きな上昇が望めるのです。

でも、反動ですから、継続していることを捨てなければなりません。

そうしないと、注いだエネルギーは、回収できないのです。


個性なのか、わたしの反動は、大きかったです。

天啓にしろ、審判にしろ、テレパシーにしろ、どれもアクションが大きいものでした。

でも、それらは霊的なものです。

現実に物質を捨てることは、本当に大きな喪失で、大きな悲しみでした。

次回につづく。


みなさまも、つながりを大事にしましょうね。

信頼関係ができていたら、離れていても勇気づきますよ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今日も素敵にお過ごしくださいね。

ライトワーカー マリエでした。m(*^^*)m

人生を変えるスピリチュアル心理カウンセリングは
マリエの個人セッションまで
奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

| アセンションの道のり | 21:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT