fc2ブログ

ライトワーカーマリエの人生が輝く『本当の自分になる方法』ミラクルアカデミーより

当サイトは、本当の自分に目覚めるためのスピリチュアルガイダンスです。自分が地球上で達成したい本当の願いを思い出し、実現するために必要な情報を発信しています。新しい人生を手に入れて楽しく生きたい方、自分も周りも幸せにしたい方は必見です。ライトワーカーのお仕事が上手くいく成功の秘訣も公開しています。

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

6.手放す気持ちになる AC回復のステップより No.992

こんにちは。
ライトワーカー☆マリエです。

現れについて学ぶことは大事です。

抱えて込んでいたものを出してみると、新しい発見があります。

前回は現れについてまとめました。

次のステップは、“手放し”です。

heart-3920901__340.jpg

わたしは、自分が思った以上に、歪んでいることを知りました。

「自分は正しいことをしているのに‥」

「他人のために最善を尽くしているのに‥」

それなのに‥、

「誰も分かってくれない!!」

その思いが強すぎて、考えに執着していたのです。

歪んだ信念は、自分は正しいと信じていることでした。


自分が作り出した、こうなるはずという幻想。

そうならない現実に、ひどく悲しみ嘆いていく。

その状態は、つながりから遮断された状態です。

これが生き辛さの正体なのです。


恨み、憎しみ、激怒、悲嘆は、魂レベルの感情です。

そこに行き着くくらい、わたしは感情を深めていました。

しかし、感情の発端は、好きから始まったものです。

良かれと思う行動も、サービス精神でする行動も、始まりは好意なのです。

けれども、現実のギャップで、少しずつ愛が歪んでいってしまったのです。


世の中には、好きだった人が大嫌いになるケースは良くあります。

あの人が大嫌い!とか、あの人を一生恨む!とか。

大きな感情の裏には、それだけエネルギーを注いできたということです。

でも、相手に強い感情を持っていると、自分の人生に相手が大きく関与することになってしまいます。

それが感情に支配された人生なのです。


わたしは思いました。

もうこのような感情は、捨ててしまいたい‥と。

それは自分の無力を知っていたからこそ、思えたことでした。


自分を知ることは、時に、痛みを伴うことがあります。

痛みは誰もが一番に避けたいものです。

だから、自分を知るよりも、幻想を追いかけている方が、マシなのです。


手放しは、願い出ることが大事です。

なぜなら、手放しは、自分でコントロールできるものではないからです。

それをするのは、普遍性の力、つまり神の力であり、無意識の感覚です。

人ができることは、手放そうという気持ちになることです。

いつ手放されるかは、分かりません。

ただ、気持がなければ、始まらないのです。


断捨離(だんしゃり)でも、ものにお別れを告げることは大事です。

気持がなければ、後悔することになります。

その気持ちがないのなら、その時ではないということなのです。


手放す気持になる。

わたしは、自分を辛くさせる感情を、手放す気持ちになりました。

そこに嫌だからという理由はありませんでした。

持っていても、何の価値もないし、意味もないと分かったからです。


恨み、憎しみ、激怒、悲嘆、それらは悪い感情という人もいます。

ところがそれらは、すべての人間の魂のレベルにある感情なのです。

残念ながら真実は、その感情の反対側にあるのです。

皆さまも、実りのないものを手放しませんか?準備をすると、もう新しい風が舞い込んできますよ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今日も素敵にお過ごしくださいね。

ライトワーカー マリエでした。m(*^^*)m

人生を変えるスピリチュアル心理カウンセリングは
マリエの個人セッションまで
奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

| AC回復の12ステップより | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5.現れについて学ぶ AC回復のステップより No.991

こんにちは。
ライトワーカー☆マリエです。

棚卸しは、点検でもあるのですね。

自分の内側を把握することは大事なことです。

前回は、棚卸しについてまとめました。

次のステップは、“学び”です。

desk-3606980__340.jpg

わたしの空間は、ガラクタ整理で、スッキリとしていきました。

そして、自分の現象について、冷静に向き合うようになっていきました。

だんだん自分が整ってきたのです。

書き出しは、何処で誰がどのようにと、まともな文章になっていきました。

もうその辺りになると、大きな感情も出てこなくなっていました。


わたしはこの効果に、驚きました。

自分が変わっていたからです。

ただ気持を出してスッキリしたというレベルではありません。

自分はできるという力強さが出てきたのです。

そのパワーは、もともと自分にあったものでした。


「なんでこんなことになってんだろう‥」

わたしは、とにかく自分のその時の考えや本当はどうしたかったのか、本音に耳を傾けていきました。

その姿勢は、自分が何を信じているのか、根拠につながっていました。

だんだん分かってきたことは、自分が誰かのためにやってきたことが、報われていないことでした。

確かに、それは当然のことです。

なにしろ共依存は、誰かの犠牲になることですから。

しかも家族の皆がそうなので、本当はどうしたいなんて本音を聞くことが、思いつかないのです。


報われない気持は、恨みになっていました。

わたしは自分が人を恨んだこともなければ、自分の中には無いと思っていましたが、あったことに驚きました。

「そうか‥。今まで出してきた文句や怒りは、すべてここからだったんだ」

でも、種を見つけられたことは、とても嬉しいことでした。


心が恨みの感情に支配されると、自分の人生は、恨んでいる相手に引き渡してしまうことになります。

その結果、恨んでいる相手が、自分の生き方を左右するようになります。


しかし、恨みの発祥は、自分が期待する行動を、相手がしてくれなかったところが始まりです。

その期待とは、自分が生み出した予定です。

いわば自分が勝手に作った予定なのに、相手がその通りに反応しないからといって、自分が傷ついたり、相手を攻撃したりするのは、おかしな話です。

言う間でもなく、その予定こそ幻想なのです。


人を生き辛くさせるものは、3つあります。

一つは、執着すること。

も一つは、歪んだ信念に基づいていること。

も一つは、喪失に悲嘆していること。

この3つを正していくと、意識は健康になっていきます。

わたしはそうとは知らず、自分が仕掛けたクモの巣に引っ掛かっていました。


現れについて学ぶことは大事です。

問題の原因が自分にあれば、改善のチャンスはいくらでもあります。

けれども、他人が問題であれば、自分にできることは何一つありません。

わたしの本当はどうしたい?という問いかけは、3つの生き辛さを遠ざけていきました。

皆さまも、本音に寄り添ってみませんか?意外な言葉が返ってくるかも知れませんよ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今日も素敵にお過ごしくださいね。

ライトワーカー マリエでした。m(*^^*)m

人生を変えるスピリチュアル心理カウンセリングは
マリエの個人セッションまで
奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー


| AC回復の12ステップより | 20:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4.変わるために棚卸しをする AC回復の12ステップより No.990

こんにちは。
ライトワーカー☆マリエです。

問題に取り組むことは大事ですね。

前回は、決心についてまとめました。

次のステップは、“棚卸し”です。

books-2695011__340.png

わたしは決心することで、回復への第一歩を踏み出しました。

早速、ガラクタ整理です。

とはいっても、いきなり内面ではなく、身の回りを片付けました。

スッキリした空間で、集中したかったからです。


さて、自分の問題は何だろう。

空間がスッキリすると、わたしは自分に問いかけていきました。

すると、出るわ、出るわ、文句やら怒りやら。

その言葉は、決して良いものではありませんでしたが、とにかく出していきました。


我慢していたものは、怒りや悲しみがほとんどでした。

吐き出しは、状況によって、メモに書き出すこともありました。

不思議ですが、キチンと出していくと、気持ちがコロッと変わっていったのです。


なんだ‥、キチンと出せば楽になるんだ。

わたしは、それまで、自分の言いたいことは、ちゃんと相手に言わなければならないと、思い込んでいました。

でも、そうすると関係が悪くなるかも知れないので、やってはならない!

と我慢していたのです。

しかし、この想定は、行動をしない言い訳でした。

この関係が悪くなるからという考えは、悪い未来を想定しているということです。

悪い想定は、何を言っても悪い方向になること間違いありません。

良くなる未来を想定していたら、言動は良くなる方向に持っていくものになるのです。

つまり、わたしは自分が生み出した幻想に囚われていたのです。


自分の言いたいことは、必ず相手に伝えなければならない理由はどこにもありません。

それが絶対ならば、総理大臣に言いたいことは、直接本人に会って言わなければ意味がない、という考え方になってしまいます。

でも、無理をしたところで、結果が良くなる理由は、どこにもないのです。


わたしは苦しいものを出すことで、ずいぶんと落ち着いていきました。

吐き出しは、小さな独り言という形になっていきました。

書き出しは、状況や誰に対することなのか、具体的になっていきました。

自分宛てにメールを出したこともありました。

その辺りから、わたしは自分の声を心で受け止めるようになっていきました。


ガラクタ整理は、心の中で行うことはできません。

ちゃんと外側に出すことで、それが何なのかハッキリとするからです。

自分に綺麗事を求めていると、どうしてもこの棚卸しが苦手になるようです。

本音は、建前と違って、醜いものが多いからです。


変わるために棚卸しをする。

ガラクタ整理をしないと、空間は綺麗になりません。

自分が選んできたものとはいえ、誰かが片付けてくれるワケでもありません。

快適な空間を求めれば、感覚は不要なものを出してきてくれるのです。

皆さまも、快適な空間を作りませんか?ガラクタを調べる必要はありませんよ。出すことに価値があります。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今日も素敵にお過ごしくださいね。

ライトワーカー マリエでした。m(*^^*)m

人生を変えるスピリチュアル心理カウンセリングは
マリエの個人セッションまで
奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

| AC回復の12ステップより | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3.自分と向き合うことを決心する AC回復の12ステップより No.989 

こんにちは。
ライトワーカー☆マリエです。

信じる力は、可能性をひらくのですね。

前回は、そうなると信じることについてまとめました。

次のステップは、“決心”です。

gothic-3602017__340.jpg

わたしは、自分を変える力があることを信じました。

結果はどうなるのか、気になりませんでした。

今よりもマシになることは分かっていたからです。


どうやら自分の傷は、相当に深いらしい‥。

生き辛さ、自分の違和感、それらは何処から来るのか?

わたしは、そこを知りたくなっていました。

幸いにもセラピーの経験は、自分と向き合う力を養っていました。


わたしは問題がある。

わたし自身が問題である。


アダルトチルドレンについて深く知っていくと、自分は被害者と思っていたけれど、加害者かも知れないという思いが強くなっていきました。

というのは、傷が深いと、自分をしっかりと生きられないワケで、周りを撒き込んでしまうからです。

それは、自分の家族で、嫌ほど味わってきたものでした。


周りを撒き込む関係は、共依存関係です。

そこには、まず依存している人物がいます。

何かに依存している人は、自分の座席から離れているので、誰かが補わなければ生態系が崩れてしまいます。

その誰かが、共依存の体質になってしまうのです。

共依存の思考は、わたしがやらなければどうしようもない。

というものです。

立場は身代わりですから、その人も自分を捨てなくてはならなのです。


アダルトチルドレンと共依存は、背中合わせです。

わたしは、意味もなく自分が時折、苦しくなったり悲しくなったりする理由は、そこにあることに気づきました。

こりゃ、もう病気だな。

そう思いました。

実のところ、アダルトチルドレンは、独特の概念を持っているだけで、病気ではありません。

でも、自分を変えていくためには、問題を定義する必要があるのです。


力を信じて可能性をひらいたら、次にすることは、“決心”です。

人の行動の一つ一つは、決心によって行われています。

よし!この考えで行こう!となって、人は行動を起こすので、行動はその人の考えでもあり、意志の表れなのです。


自分でコントロールできない部分があると、自分でもビックリするような、とんでもない行動を取るようになります。

わたしの理由なき苦しみや悲しみは、その表れだったのです。


問題の取り組みは、問題に焦点を当てることが大事です。

特定しなければ、問題は取り除くことはできません。

潜在意識の深いゾーンでは、自分はどのように生きていければ良いのか知っています。

まずは周りにあるガラクタを整理しなければ、その思いも見つかりません。

わたしは、よーし!ガラクタを整理しよう!と決心しました。


自分と向き合うことを決心する。

ここから自立の始まりです。

決心は、法則を確定します。

それは、感覚が作り出してくれるので、ここから自分は感覚に乗っていけば良いのです。

皆さまも、ガラクタ整理を決心しませんか。それだけでも気持ちが楽になりますよ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今日も素敵にお過ごしくださいね。

ライトワーカー マリエでした。m(*^^*)m

人生を変えるスピリチュアル心理カウンセリングは
マリエの個人セッションまで
奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

| AC回復の12ステップより | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2.そうなると信じることが可能性をひらく AC回復の12ステップより No.988 

こんにちは。
ライトワーカー☆マリエです。

気分は事のはじまりなのですね。

ふんわりしているけれど、重要な感覚です。

前回は、変わろうという意識についてまとめました。

さて、好転の次なるステップは、“信じる”というものです。

jewel-3328166__340.jpg

わたしは自分を変えていこうと思いました。

変われるかどうかは、心配しませんでした。

なぜなら、変わる感覚は、セラピーの経験で知っていたからです。

おや?

セラピーを受けたのに、どうして生き辛くなったり、自分がしっくりこなかったりするのか?

と思われたかも知れませんね。

もちろん、セラピーを続けていれば、それらは解消していたかも知れません。

ところが、アダルトチルドレンは、自分でも気づかないくらい傷が深いのです。

わたし自身、そうとは知らず、すっかり自分が良くなったと思い込んでいたのです。


セラピーはレベルがあって、わたしが受けたのは、心のレベルでした。

心のレベルは、インナーチャイルドがいるゾーンです。

彼らは心が傷ついているので、癒してあげると、回復してくれます。

傷を癒して回復するレベルは、承認欲求のレベルがほとんどです。

でも、アダルトチルドレンの傷は、その土台となる安全欲求や生存欲求のレベルにあるのです。

死活問題や生活の不安定さに直面していたため、ゾーンが深いのです。

わたしの感覚は、セラピーの良さを知って、さらに深い傷を癒したくなっていたのです。


変わろうという意識になって、次にすることは、信じることです。

初めにそうなると信じなければ結果は出ないものです。

例えば、資格や結婚、お金を稼ぐことも、始まりは、自分はそれができるであろう、と信じるところからです。

信じなければ、事は始まらないのです。

大事なことは、受かるかどうかではなく、自分の力を信じるかどうかなのです。

もし、このスタート地点で、自分の力を信じられないのなら、自分に対する期待が大きいか、確実とか絶対の力が大きいと考えられます。


自分の力を信じさせない力は、いう間でもなく、間違えた信念です。

それは幻想を信じているか、自分の力を過信しているか、のどちらかです。

しかも、目指す目標も間違えている場合もあります。

感覚は、本来の可能性を知っているので、身の丈に合わないことは、度外視してくれます。

成長するに丁度良いものは、感覚的にも心地良い期待が上がってくるのです。


そうなると信じることが可能性をひらく。

間違えた信念は、結果に振り回されているものです。

受かるかどうか、儲かるかどうか、結婚できるかどうか。

それらは感覚ではなく思考です。

結果は神の領域なので、そこを理解できないのであれば、ステップ0に戻る必要があります。

皆さまも、自分の力を見直してみませんか?日々の暮らしは小さな願望達成がたくさんあります。どれも自分の力を信じた結果なのですよ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今日も素敵にお過ごしくださいね。

ライトワーカー マリエでした。m(*^^*)m

人生を変えるスピリチュアル心理カウンセリングは
マリエの個人セッションまで
奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

| AC回復の12ステップより | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT