fc2ブログ

ライトワーカーマリエの人生が輝く『本当の自分になる方法』ミラクルアカデミーより

当サイトは、本当の自分に目覚めるためのスピリチュアルガイダンスです。自分が地球上で達成したい本当の願いを思い出し、実現するために必要な情報を発信しています。新しい人生を手に入れて楽しく生きたい方、自分も周りも幸せにしたい方は必見です。ライトワーカーのお仕事が上手くいく成功の秘訣も公開しています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

未来順行催眠は幸せ未来の始まり No.770 

path-8399799_640.png
Andrea PearceによるPixabayからの画像

こんにちは。

ライトワーカー マリエです。

今回は、未来順行催眠について、

ガイドしていきます。


過去が変わると未来も変わる。

映画『バック・トューザ・フューチャー』は、

主人公が過去と未来を行ったり来たりして、

いくつもの人生を体験していました。


実は、

それは可能なんですね。

というのも、

潜在意識に入れば、

過去も未来もアクセスができるので。

未来の可能性はたくさんあるんです。


≪未来順行催眠≫

1. リラックスします。

2. ベストの選択をした未来をイメージします。

3. イメージの世界を詳しく体験します。



脳みそは、

気持ち良い体験が大好きです。

だから、

未来はベストの選択をした未来、

だとか、

何もかも大丈夫になった未来、

だとか、

幸せになった未来、とします。

そうすると、

怖れや抵抗が外れるので、

イメージがしやすくなります。


未来の幸せな感覚を味わうと、

無意識は、

自分にとって必要なものを集め出します。

閃きとか思いつきは、

それを見つけたサイン。

感じたままに行動していけば、未来は現実に叶っていきます。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ライトワーカーマリエでした。

次の記事 『NLP(神経言語プログラミング)とは』
前の記事 『自分を思い出す前世退行催眠』
カテゴリのトップページ『変革メソッド&開眼術』
ブログのトップページ『本当の自分になる方法』

| 2.ヒプノセラピーメソッド | 19:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分を思い出す前世退行催眠 No.769 

image162.jpg

こんにちは。

ライトワーカー マリエです。

今回は、自分史を思い出す前世退行催眠について、

ガイドしていきます。


前世は、

年齢退行催眠中のクライアントさんが、

前世を語り出したことで、認められたといわれます。


前世は、

潜在意識が覚えているので、

アクセスすると、自分の歴史を知ることができるんですね。


≪前世退行催眠≫

1. リラックスします。

2. 内側に意識し、「今、わたしが知るべき前世のわたしよ、出てきてください。」とコールします。

3. 出てきたイメージと対話します。



前世は、

深いエリアにある原始の記憶。

アクセスするには、

深いトランスに入る必要があります。


イメージが出てこないとか、

出てきたけど何をすれば良いのか分からない、

という場合は、

ひとまず出来るところまで体験します。

慣れが必要なので、何度かチャレンジすると良いです。


前世に触れると、

それは自分だ!

と、身に覚えがあることを、感覚が思い出します。


いろんな体験をした自分が今、ここにいる。

そんな感じで、感慨深くなります。


体験すると、

魂の計画を思い出す場合もあるし、

現在の問題の原因が分かる場合もあります。

いずれにしても、

自分に対する思いが変わることは確か。

今まで体験したことのない深い愛情が、

体の奥から湧いてきますよ。

それは前世が癒されたことを意味しています。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ライトワーカーマリエでした。

次の記事 『未来順行は幸せ未来の始まり』
前の記事 『ゲシュタルトセラピーの気づき』
カテゴリのトップページ『変革メソッド&開眼術』
ブログのトップページ『本当の自分になる方法』

| 2.ヒプノセラピーメソッド | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲシュタルトセラピーの気づき No.768 

chair-379398_640.jpg
James VaughanによるPixabayからの画像

こんにちは。

ライトワーカー マリエです。

今回は、ゲシュタルトセラピーの気づきについて、

ガイドしていきます。


ゲシュタルトセラピーは、

気づきの体験を促すメソッドです。

気づきは、

新しい視点に立つと、起こりやすいです。

そのためには、

まず、視界を広げること。

視界が広がると、さまざまな角度で、

相手をみることができます。


≪ゲシュタルトセラピー≫

1. 目の前に椅子をイメージします。

2. 椅子の上に、自分をイメージします。

3. さまざまな角度から、そのイメージを見ていきます。



ゲシュタルトセラピーは、

自分と向き合うには、ピカイチのワークです。

あくまで、

気づきを起こすものなので、

命令とか、裁きとかは行いません。

どう見えるか?

で、視界を広げるもの。


また、

意識をイメージに集中すれば、

イメージの中に入ることもでき、

そこから、相手の世界を知ることもできます。


人の意識は、

想像を通して、どこにでも行くことができる!


だから、

知りたいこと、分かりたいことがあれば、

イメージの中で、やってみることができます。

そしたら、

感覚が答えを見つけ出してくれるんですね。


ゲシュタルトセラピーは、

自分のみならず、

人間関係を改善したい相手でも、

行うことができます。

気づきが起こったら、

その時点から、人間関係は変わりますよ。

特に何もしなくても、

感覚が新しくなっているからです。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ライトワーカーマリエでした。

次の記事 『自分を思い出す前世退行催眠』
前の記事 『霊格が上がる人格統合』
カテゴリのトップページ『変革メソッド&開眼術』
ブログのトップページ『本当の自分になる方法』

| 2.ヒプノセラピーメソッド | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

霊格が上がる人格統合 No.767 

background-2484300_640.png
AgnesによるPixabayからの画像

こんにちは。

ライトワーカー マリエです。

今回は、霊格が上がる人格統合について、

ガイドしていきます。


霊格とは、

資質のレベルのこと。

経験深く、知恵が多くなると、

霊的な居場所がより良くなります。

次元が上がるので、

その分、重力から解き放たれるんですね。

で、

人格統合は、

抵抗している自分を統合するワーク。

統合する時、

気づきが起こるので、知恵が手に入ります。


≪人格統合ワーク≫

1. リラックスします。

2. 内側を意識して、もう一人の自分を思い浮かべます。

3. 対話をしたり、接触したりして、理解を深めます。

4. イメージを自分に統合します。



出てくる人物は、

今、自分にとって出会うべき存在。

なので、

前世の自分が出てくることもあります。


抵抗や反発、葛藤や矛盾、

違和感は、

相反する思いの表れ。

それがあると、

エネルギーが取り合いになるので、

適切な行動や判断が、できなくなります。

つまり、

迷ったり、悩んだりするのは、

エネルギーの問題なんです。


統合すると、

迷いがなくなるから、

判断力も良くなるし、直感力も上がります。

引き寄せも早くなりますよ。

統合すると、

悩むことが少なくなるってことです。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ライトワーカーマリエでした。

次の記事 『ゲシュタルトセラピーの視界』
前の記事 『胎児期退行催眠とDNA連鎖』
カテゴリのトップページ『変革メソッド&開眼術』
ブログのトップページ『本当の自分になる方法』

| 2.ヒプノセラピーメソッド | 19:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

胎児期退行催眠の不思議な世界 No.766 

embryo-7458661_640.png
congerdesignによるPixabayからの画像

こんにちは。

ライトワーカー マリエです。

今回は、

胎児期退行催眠の不思議な世界について、

ガイドしていきます。


胎児の時、

外側の記憶があるといわれます。

口も耳もまだできていないのに?

って、疑わしいですけど、

感覚は覚えているんです。

その時の波動を。


退行催眠で行っているのは、

感じたものを再構築すること。

想像は、

自分の体験した素材を使っているので、

胎児期の記憶は、再現することができるんです。


≪胎児期退行催眠≫

1. リラックスします。

2. 母胎の中にいた頃を想像します。

3. 外側の声に耳を澄ませます。



母胎の世界は、

天使の世界だったり、光の世界だったり、

海の世界だったりと、

人によって違います。

そこで、

大きな神と対話していた人もいれば、

天使たちと対話していた人もいます。


催眠を体験したほとんどの人は、

心地良い世界を堪能されます。

それだけ、

母胎の中は、不思議な世界なんですね。


確かに、

胎児って、まだ人間でもないし、霊でもないし。

でも、どちらもコンタクトできる状態。

だから、その状態に戻ると、

霊的な世界にアクセスしやすくなります。


霊界の入り口でもある胎児期。

当時に戻ると、

自分が生まれる理由や、今の母親を選んだ理由も、

もちろん、思い出すことができます。


胎児期退行催眠は、

特に、親子の関係に疑問を持っている人に最適なメソッド。

DNAで受け継がれた世代連鎖といわれる生き方の癖、

それらも改善するキッカケがあります。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ライトワーカーマリエでした。

次の記事 『霊格が上がる人格統合』
前の記事 『幼児期退行催眠の意外な記憶』
カテゴリのトップページ『変革メソッド&開眼術』
ブログのトップページ『本当の自分になる方法』

| 2.ヒプノセラピーメソッド | 18:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT