fc2ブログ

ライトワーカーマリエの人生が輝く『本当の自分になる方法』ミラクルアカデミーより

当サイトは、本当の自分に目覚めるためのスピリチュアルガイダンスです。自分が地球上で達成したい本当の願いを思い出し、実現するために必要な情報を発信しています。新しい人生を手に入れて楽しく生きたい方、自分も周りも幸せにしたい方は必見です。ライトワーカーのお仕事が上手くいく成功の秘訣も公開しています。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

出会いはプロセスの清算 fc2ブログNo.685

物でも人でも出会いには、いろんな形がありますが、できればいい出会いをしたいものです。今、自分はどんな人と出会いたいか?と自問したらどのような人物が思い浮かびますか?

人は、自分が良くなるものには敏感です。その殆どは、自分を楽にしてくれるというもの。だから、人の関心は、願いを叶えてくれるところに集まります。

いつか行ってみたいところにしても、すぐに出会える場合もあれば、時間がかかる場合もあります。中でも、高い波動を持った場に出向こうものなら、それなりの準備が起こってしまうのです。

もちろん高い波動は、成長を高めるパワーを持っているのですが、受け取り方によって上手く取り込めないことがあります。それは、比較して低いレッテルを自分に付けてしまうというものです。

自分に、低いレッテルを付けると、成長はそこで終了してしまいます。それでは、せっかく楽になるチャンスが台無しです。

自分とは違うものを上手く吸収するには、まず駄目というレッテルを脇に置くことが大事です。そして、感覚を場の空間に委ねることです。

エネルギーは生きモノだから、場に委ねると、他のエネルギーと、自然にバランスを取ってくれます。その感覚は、子供の頃に経験済みなので、特別なことをしなくても良いのです。

子供の感覚は、遊びでも一緒にいる子が今どうしたいのかだとか、どうしてほしいのかといった動作で会話をしています。だから、微妙な動きでも意志表示はあるのです。

もしかしたら、感覚はヘタな言葉よりも次元が高いのかも知れません。だから、良いものを上手く吸収するなら、感覚に任せて違いを楽しむことが大事です。

エネルギーを掛け合うと、また高い波動に上がっていくので、出し惜しみしていたらもったいないですね。その場で大事なのは、子供の頃の感覚なのだと思います。

出会いは、あなたとわたしのエネルギーが平等になる場です。そこで特別なことが起こらなくても、それはもう既に起こったのです。その感謝の場が出会いなのかも知れません。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

なかなか出会えないものは、価値を温めているのでしょうね。

最後まで読んでくださってありがとうございます。ライトワーカーマリエでした。

次の記事  『貢献で魅せる恩恵』
前の記事  『足かせロックの外し方』
 カテゴリのトップページ『ステージ上昇の秘訣』
 ブログのトップページ『本当の自分になる方法』


| 5.感謝のギフト | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

足かせロックを外す言葉 fc2ブログNo.684 

嫌なことも良いこともありがとうと言えるようになったら大人でしょうか。それも一つ、自分を超える手段ではありますが、なかなか言えたものではありませんよね。

良い事だけを受け取りたいのは山々ですが、そうするためには、嫌な事を認めるとやってくるようになります。というのは、否定しているものを認めると、抵抗がなくなるからです。

願いごとは、エネルギーが純粋であるほど、通りやすいし、しかも、深く味わうこともできます。

もし、願いをする理由が、現実逃避なら、叶う確率は低いと思います。なぜなら、エネルギーは反対側にあるものも、引き寄せてしまうからです。

例えば、お金持ちになりたいと願う時、今が貧乏だからという理由があると、貧乏のイメージが潜在意識に生まれます。イメージが存在すると、潜在意識は持続させようとするので、願いを掛けても反対側のイメージが付いて回ることになるのです。

潜在意識は、顕在意識よりも大きな力を持っています。だから、願いが叶わないと思ったら、潜在意識の願いを解除することが大事です。

潜在意識の願いを解除するには、願望を認めてあげることが一番です。潜在意識は、貧乏になろうとしているので、体の中に向かって、そうですね、と肯定してあげるといいのです。

もっと言えば、わたしは貧乏になりたいと潜在意識の願いを代弁することもいいですし、貧乏になってもいいよと許可を出してもいいのです。

エネルギーは、思考のように計算はしないので、意味を深く考えないで、漠然と認めてあげることが大事です。すると、認められたエネルギーは、自分に統合してくれます。

統合すると、感覚は変わってくれます。もしかしたら、願いごとが消えてしまうこともありますが、それはそれで、願いは成就されたのです。

どちらと言わずに、頑張っているエネルギーを、自分に戻すと一回り大人になると思います。興味があったらぜひお試しくださいね。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

言葉もエネルギーですから、やってみたら感覚は聞(効)いてくれますよ。

最後まで読んでくださってありがとうございます。ライトワーカーマリエでした。

次の記事  『出会いはプロセスの清算』
前の記事  『感覚が教えてくれる豊かさ』
 カテゴリのトップページ『ステージ上昇の秘訣』
 ブログのトップページ『本当の自分になる方法』


| 5.感謝のギフト | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

感覚が教えてくれる豊かさ fc2ブログNo.683

テーマが感謝ということで、もう少し感謝について探っていきたいと思います。さて、感謝する時とはどんな時なのか?少し思い出してみてください。

もし、感謝の記憶が遠いならば、そろそろ自分を迎えに行ってくださいね。そうでないと、そのテーマから卒業できないですから。

感謝は、一つのテーマが終える時にやってくるものです。それは小さくとも次元を上昇させてくれます。だけど、上昇するからと言って、無理に感謝すると、かえってエネルギーを下げることになるので禁物です。

感謝の気持ちは、人の好意や外側の素晴らしいものを受け取る喜びです。受け取ることができないのは、何かが自分を一杯にしているということです。

さて、素晴らしいこととは何でしょうか。大抵の人は、形のある富で、生活を豊かにしてくれるものではないでしょうか。手に入れたらもちろん嬉しいし、いっぱい感謝しますね。

しかし、わたしが出会った豊かなものは、期待とは違うものでした。それは、自分は持っていないと思っていた劣等感や罪悪感などです。さらに妬みや恨みといったヘビーなものもありました。

感覚は容赦なく、これはあなたのものですよ、と言わんばかりに感情を教えてきました。そう聞けば、えげつない事が起こったかのようですが、不思議にそのような印象はなくて、むしろ、正体が分かって安心することができたのです。

そこで分かってきたことは、避けているものは、もともと自分が持っているということ。人は美人になりたくて、悪しき者とされた感情は、捨てられてきたのだと。

わたしは、様々な感情を認めることによって、それまで死んでいた感覚に命を吹き込むことができました。その辺りから、感謝というものが分かってきたと思います。

変なものも厄介なものも自分の中にあることが分かると、人の気持ちを楽に受け入れられるようになります。そのお陰で、人が抑圧している感情を代弁するようにもなりました。

ロックが掛かっている言葉を、わたしが言うようになってから、解放は早くなり、感謝されることが多くなりました。表現もつながりも豊かになったこと、感覚のお陰だと思っています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

心から感謝ができない時は、本当の気持ちを出してみてください。その方が、きっと豊かな気持ちになります。

最後まで読んでくださってありがとうございます。ライトワーカーマリエでした。

次の記事  『足かせロックを外す言葉』
前の記事  『救いの感覚は回想にあり』
 カテゴリのトップページ『ステージ上昇の秘訣』
 ブログのトップページ『本当の自分になる方法』

| 5.感謝のギフト | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

救いの感覚は回想にあり fc2ブログNo.682 

一日を終えて、今日と言う日に感謝している人はどのくらいいるのだろうか。今日の疲れを癒すことでいっぱいだったり、明日のことを考えて準備に追われたりしている人がほとんどではないでしょうか。

体験したことを感じ直すと、前後が整ってきて、今という時間を最高にすることができます。それは、わたし自身、遠くから近くまでの過去を清算して分かったことです。

今日という日を振り返って観ることは、過去を癒すことになります。回想することで、置き忘れてしまった気持ちや本当にやりたかったことを見つけることができるのです。

自分に大切なことを教えてくれる感覚は、自分にとって最高の教師です。そこからやってくるものを受け取ると、意識も感覚も成長するようになっているのです。

実感することは、なにより自分の力を信じることでもあるし、自分が生き証人になるということです。それは、体を持っている者の特権でもあるし、自分が生まれた意味を教えてくれます。

他人が勧める良いことは、一つのアドバイスにしか過ぎなくて、その人にとっては良かったけれど、だからといって自分もそうなるとは限らないものです。やはり、自分で見つけることが大事です。

他人を信じて上手く行かなかったのなら、それは自分を信じることを放棄しているからです。権力に屈していたり、怖れに隷属していたり、自分の本当の力を遠い所に追いやっているのです。

信じることが外側にあっては、いつまで経っても自分を信じることはできませんよね。だけど、その思いを自分に向けるだけで、自分を信じることができるのです。回想にはそのような力があるのです。

過去を見直す時、意識は過去から離れ、新しいステージに移動します。離れて見る姿勢が、意識の次元を上げてくれるのです。ですから、やり残した思いも気持ちも、ゆとりを持って救ってあげることができるのです。

一日とは限らず、さっき起こったことでも、数か月前、何年前のことでも、見直すことは、過去にとっても未来にとっても明るい兆しをもたらしてくれます。体験が癒された時、感覚は感謝という気持ちを教えてくれるのです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

感覚を信じていると感覚は、自分にとって大事なものを教えてくれるようになります。

最後まで読んでくださってありがとうございます。ライトワーカーマリエでした。

次の記事  『感覚が教えてくれる豊かさ』
前の記事  『自分を超える恩恵の受け取り方』
 カテゴリのトップページ『ステージ上昇の秘訣』
 ブログのトップページ『本当の自分になる方法』


| 5.感謝のギフト | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分を超える恩恵の受け取り方 fc2ブログNo.681

嬉しいことがあったら、ありがとうって感謝したくなります。感謝は、自然に内側から湧き上がってくるもの。例えば、自然の美しさや人の真心に触れて、自分に与えてくれた全てのものに愛を還しているのです。

感謝しようと思っても、気持ちが湧いて来ない時は、自分の何かが邪魔をして、恩恵を受け取ることができないのだと思います。

言葉に込められた思いは、相手に伝わるものだから、感謝の言葉が、「ありがとう」や「感謝しています」の二つくらいしかないのは、気持ちを感じ取るようになっているからではないでしょうか。

人に感謝されて嫌な思いをする人はいないと思いますが、やはり人の気持ちをちゃんと受け止めるには、自分の気持を分かっていることが大事です。

人が喜ぶことをしようと思っても、自分が喜んだ経験がなければできないものです。経験もなく、人から感謝されることを求めていると、勝手な想像や計算をするようになってしまいます。

もし、あなたが感謝しなければならないと思っているものがあるのなら、それはあなたではない何かがあなたの思考をコントロールしています。きっと感謝することが、恩恵を受け取るための手段になっているはずです。

恩恵を受け取るために感謝をするという考え方は、恩恵が自分の痛みを癒すと信じていることが多いです。なぜなら、痛みは、気持ちを楽にしてくれるものを求めるからです。

だけど、痛みを楽にしてくれるものは、自分が自分を超えたレベルにあるのです。そこに行こうものなら、むしろ条件を捨てなければならないのです。

恩恵は、自分を超えた時にやってくるので、何がやってくるか分かりません。もし恩恵を限定しているなら、それは自分がコントロールできる範囲のこと、つまり同次元にいるということです。

感謝の気持ちが湧いてこないなら、思いきって信じているものを捨てると、自分を超えて楽になることができます。その恩恵を受け取ったら最後、学びは卒業なのです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

学びは感謝のステージにきて終了します。問題集を終えた時の気持ちを思い出してみてくださいね。やった感をたくさん味わったら最高です。

最後まで読んでくださってありがとうございます。ライトワーカーマリエでした。

次の記事  『救いの感覚は回想にあり』
前の記事  『印象を変える新しい発想』
 カテゴリのトップページ『ステージ上昇の秘訣』
 ブログのトップページ『本当の自分になる方法』

| 5.感謝のギフト | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |