fc2ブログ

ライトワーカーマリエの人生が輝く『本当の自分になる方法』ミラクルアカデミーより

当サイトは、本当の自分に目覚めるためのスピリチュアルガイダンスです。自分が地球上で達成したい本当の願いを思い出し、実現するために必要な情報を発信しています。新しい人生を手に入れて楽しく生きたい方、自分も周りも幸せにしたい方は必見です。ライトワーカーのお仕事が上手くいく成功の秘訣も公開しています。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

印象を変える新しい発想  FC2ブログNo.680 

「わたしの目の前に赤い箱がある」「赤い箱がわたしの目の前にある」この二つの印象は、どのような違いがあるでしょうか。ものごとは置き場所によって、印象が変わることご存知ですか。

良いものにしろ、良くないものにしろ、いつも感じているものは、印象が自分に近い場所にあります。だけど、場所が分かれば、印象を遠いところにも近くにも動かすことができます。もちろん、消えてもらいたいものは、宇宙の遥か向こうに飛ばすことだってできるのです。

それでも宇宙は、自分とつながっているものだから、向こうの方でも何かが起こっていて、ある程度メッセージが固まったら、自分の元にやってきます。宇宙も巡り巡っているのです。

やってきた過去は、色んな形になって目の前に表れてくれます。中でも危険な印象は、真っ向から対面すると、また痛い目に遭うことがあります。なので、置き場所を変える前に、新しい法則に組み直すといいのです。

ものごとは、オーバーホールすると、新しいパターンを作ることができます。パーツの置き場所を変えることによって、新しい発見をすることができるのです。

新しい発見をするために、必要なものは、もう手に入れているので心配無用です。今でも中学生だった時の片思いで悩んでいる人はいないでしょう。

知恵は、経験で身に付いていくものだから、行動しようと思った時には、揃っているということです。過去よりちょっぴり年を取ったことは、知恵も増えたということです。

ものごとを分解して見ることは、パーツの機能を再生する作業になります。それが、心にゆとりを持たせるので、新しい発想が起こりやすくなります。

「赤い箱がある。わたしの目の前に。」どうですか?も一つ新しい印象が生まれました。わたしの印象はさっきよりも鮮明になりました。感覚もピッタリします。

宇宙空間は、自分の想像とつながっています。自分が主人公だと分かったら、自由にマネジメントができるのです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

印象を書き出したり、イメージを分解したり、パーツはパズルのように動かすことができます。大丈夫な感覚を探してみてくださいね。

最後まで読んでくださってありがとうございます。ライトワーカーマリエでした。

次の記事  『自分を超える恩恵の受け取り方』
前の記事  『原点からできる高次元の行動』
 カテゴリのトップページ『ステージ上昇の秘訣』
 ブログのトップページ『本当の自分になる方法』


| 4.新しい発見 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

原点からできる高次元の行動  FC2ブログNo.679 

気づきの感覚を知るまで、“何かに気づく”の“何か”とは一体何なのか?ハッキリしない言い回しが、気になっていました。何をもったいぶっているのかと。。

人はそれぞれに、気づくものが違うものですね。今は、何かとしか言いようがないと思っています。

わたしが経験した気づきは、小さなものから大きなものまであるのですが、人の真心に触れるものや自分の滑稽さ、愚かさなどたくさんあります。

気づく瞬間は、“こうである”というメッセージが噴水のように体の中から上がってくるので、まさか嘘でしょ、という信じられない気持ちでいっぱいになりました。かなり劇的です。

気づきを体験してきて思ってきたのは、自分は気づいて何になろうとしているのだろうか?と。今でもそれはテーマかも知れませんが、自分が変わっていくので、潜在意識の計画を受け入れられるようになっていきました。

わたしたちの脳は、マックスを味わうと、新しい感覚がひらくようにできています。満腹になったら気が変わってくれるのです。だから、避けているものをあえて迎え入れ、味わい尽くすと、自分を変えることができるということです。

変革は、抵抗に反比例したレベルに一気に変わることができます。だけど、衝撃が大きいと、それだけバランスを取るために時間をかけることになります。

バランス調整している間は、睡眠が長くなったり、思考が緩みっ放しになったりと、不安定な感覚が続きます。日々、小さな気づきを起こしていると、調整も小さくて済むと思います。

何かに気づくと、意識は問題のない原点に帰ります。そして、新しい感覚を持って再出発することができます。それは、気づいただけでは、周りは何も変わらないし、人の役に立ってはいないということです。

具体的に人に手を差し伸べる行動は、勇気のいることだし、受け入れる覚悟もいることです。だけど、それは座っていても立ち止まっていてもできることです。優しい言葉やまなざし、ほほ笑みは、乾いた人の心を潤すことができる行動です。それは原点にいても出来ることだと思います。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

自分がもらった親切を、また別の人に与えていくって素敵なことだと思いませんか。

最後まで読んでくださってありがとうございます。ライトワーカーマリエでした。

次の記事  『印象を変える新しい発想』
前の記事  『気づかない人が行く未来』
 カテゴリのトップページ『ステージ上昇の秘訣』
 ブログのトップページ『本当の自分になる方法』

| 4.新しい発見 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気づかない人が行く未来  FC2ブログNo.678

知恵を絞って何度も言い聞かせても、分かってもらえない人がいます。一度の体験で分かる方が稀なことかも知れませんね。上には上、下には下がいるように、わたし自身も分かる時もあれば分からないこともあります。

何かに気づく力は、解決することが好きなタイプだと言えます。なぜなら、気づきは謎解きだからです。謎が解ける時の爽快さが好きなので、きっと人一倍に謎を取り込んでいるはずです。

謎が解けて、腑に落ちたり、目の前がスッキリしたりするのは、概念の崩壊を感じたり見たりしているからです。だから、感覚が新しくならない気づきは、謎が解けてはいないのです。

気づきが起こったら、発言や行動が根拠に基づくようになります。なぜなら、気づきは、自分の経験によって編み出されているからです。わたしは、気づきの感覚は、イメージでアンカーリングするよりもずっとレベルの高いグラウンディングだと感じています。

上にも下にも納得がいく、そんな気づきですが、やはり好みがあって、得意としない人たちもいます。彼らはまた別の役割があって、それはステレオタイプだったり、時代のテーマを作りだすタイプだったりします。

みんながみんな気づき部に所属しているとは限らないのですが、一人一人が愛を開発するための役割を持っていることは間違いないです。

というのも、催眠療法でも、自分が生まれてくる使命は何か?と問いかけると、みんな一様に、愛に関わる役目を言います。ありきたりのようですが、詳しくみると、自分にしかできない行動がちゃんと割り当てられているのです。

エネルギーのつながりは、わたしたちが肉体から離れてもつながっているものです。だから、彷徨っているエネルギーは、可能性のあるところに集まってきます。もちろん目指すは、本来還る場所です。

気づきを起こす人は、霊的な存在の後押しがあります。彼らの協力によって気づかされていると言っても過言ではありません。ともかく導く役割があるのです。なので、気づかない人も、ちゃんと役割を果たしていると言えるのです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

自分の役割に気づくと、つながっているもの全てに新しいパワーが波及されていきます。

最後まで読んでくださってありがとうございます。ライトワーカーマリエでした。

次の記事  『原点からできる高次元の行動』
前の記事  『高次元に引っ越すための作業』
 カテゴリのトップページ『ステージ上昇の秘訣』
 ブログのトップページ『本当の自分になる方法』

| 4.新しい発見 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高次元に引っ越すための作業 FC2ブログNo.677

高次元への道がひらいたら、そこから感覚は行き来できるようになります。だけど、ひらいた瞬間は、そこがどんなものなのか行って確かめただけなので、移住するためには、やり残したことを片づける必要があります。

片づけものが多いと、以前の次元に留まる時間も多くなります。以前の次元にいる人達は、以前の印象のままで自分に接してくるので、あのスカッとした気持ちの良い体験は、一時的なものだったと片付けてしまうことも少なくないのです。

引っ越しの最中は、自分の居場所が不安定なので、揺り戻しがしばらく続きますが、気づきの感覚に倣って片づけもの一つ一つに対しても気づく必要があります。それが高次元に完全に移住するための作業です。

一度上手くいったことは、繰り返すことで安定してきます。たまたま成功したと思っているのなら、上手く行った時の感動を思い出すことが大事です。最高のレベルが本当の居場所だと思えば、おぼつかない感覚は、後から目覚めてきてくれるのです。

車にしても、運転免許を取り立ての時は、初心者だからといって軽自動車から運転を慣らすことがありますが、最初に普通車から慣らすとそれより小さい乗り物は、容易になります。そのためには、自動車学校で普通車に乗っていた感覚を思い出すことが大事です。

高次元に移住するには、気づきの感覚を抱き続けることと、も一つ大事なことは上手くいく考え方を持つことです。というのも、成功する人の概念には、失敗というものはなく、どうすれば上手くいくかを考え続けているからです。ある種、異常なこだわりと言えるかも知れませんが、成功する人は、上手くいって当たり前のレベルに軸を置いているのです。

わたしたちは、料理と読書を一緒に楽しめないように、2つのものごとを同時に行動することはできないようにできています。どちらも欲しくても、いつかはどちらかを選ばないと、前に進めないのです。

高次元に移住するためには、過去の法則を捨てるというリスクがあるし、お別れは淋しいものですが、それは永遠ではなく、新しい関係の始まりです。新しい居場所に行けば、新しい感覚でもって、過去の仲間にいくらでも会いにいくことができるのです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

気づきの体質になると、どこにいても気づかされること間違いなしです。新しい感覚は、自分の魅力となって無意識に発信されていきます。

最後まで読んでくださってありがとうございます。ライトワーカーマリエでした。

次の記事  『気づかない人が行く未来』
前の記事 『堂々巡りから本気で脱出する方法』
 カテゴリのトップページ『ステージ上昇の秘訣』
 ブログのトップページ『本当の自分になる方法』



| 4.新しい発見 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

堂々巡りから本気で脱出する方法

何かのはずみで、それまでの印象が変わることがあります。以前は何とも思わなかった人が好きになったり、嫌いだった人が、受け入れられるようになったりと、色の付いた眼鏡が外れた瞬間は、気持ちの良いものです。

印象が変わるのは、自分の感覚が変わったことを意味しています。相手がイメチェンして、キッカケを見せている場合もありますが、変化に気づくのはやはり自分のセンスです。

新しいものは、生まれるまでの経緯が必ずあって、出現すると同時に古いものは陰の立役者になります。それは、意識を一新するには、過去を無視して叶うことはあり得ないということです。

新しい意識とは、わたし的に、新しい発見をするというものです。新しい発見は、アイデアみたいなもので、異なる2つのものを融合した時に、生み出されます。ものごとは、古いものと新しいものを混ぜることによって、進化が起こるのです。

発見したものから今まで気づかなかった何かに気づかれることがあります。気づきは、原因と結果が統合した時にやってくるものです。ですから、気づきが起こると、問題がもう問題ではなくなるのです。

気づきの感覚は、直観的です。それは、思考を超えたところ=高次元からやってきます。やってくることで回線がひらき、意識は問題のないステージに上昇するのです。

高次元に上昇すると、出来事の記憶はあるものの、過去を冷静に観ることができます。そこで過去に振り回されないのは、学習を終えているからです。

潜在意識は、自分が本気になって階段を一段上がろうと思ったら、身を軽くするために、本当に捨てるべきものを出してきます。それは、本当の自分になるための潜在意識の計画なのです。

同じ問題がグルグルと巡っているのは、あれは間違っていた、これが正しかっただとか、ものごとをジャッジしているからです。どちらかの答えを出し、意識が一新したとしても、次元が上昇することはないです。

統合の感覚は、平和です。それは、分裂しているエネルギーが一つにまとまっているからです。だから、葛藤も矛盾も起こることもなく、以前の問題がもう一度、自分の元にやってくることもないのです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

気づきは、自分が気づこうと望めば、いつか体験する時がやってきます。それに備えて、感覚も変わっていきます。

最後まで読んでくださってありがとうございます。ライトワーカーマリエでした。

次の記事  『高次元に引っ越すための作業』
前の記事  『寄り添うことは快復の第一歩』
 カテゴリのトップページ『ステージ上昇の秘訣』
 ブログのトップページ『本当の自分になる方法』



| 4.新しい発見 | 12:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |