fc2ブログ

ライトワーカーマリエの人生が輝く『本当の自分になる方法』ミラクルアカデミーより

当サイトは、本当の自分に目覚めるためのスピリチュアルガイダンスです。自分が地球上で達成したい本当の願いを思い出し、実現するために必要な情報を発信しています。新しい人生を手に入れて楽しく生きたい方、自分も周りも幸せにしたい方は必見です。ライトワーカーのお仕事が上手くいく成功の秘訣も公開しています。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

気になるものに託されたパワー

ショッピングしていると、お買い得や目新しい商品が、目に飛び込んできます。本屋さんでも、タイトルに魅かれた本はつい手に取るし、お花屋さんでも気になるお花は、ジーッと見てしまいます。

気になるものは、自分にとって必要なパワーを持っています。それは良い印象のものもあれば、嫌な印象のものもあります。どちらにしても日頃のストレスを解消するパワーを持っています。

気にしているものは、自分の未解決なものごとを意味しています。今よりも良くなりたい、今の喜びをずっと感じていたいという願いも、叶うまでは未解決なものです。だから、願望を叶えるために行動することが大事です。

未解決なものは、あれで良かっただとか終わったことだとか言っていても、納得がいかないものです。納得していないから、それが気になるものとして表れてきます。いつもその話題になってしまう、いつもそれが目に付くのはその証拠なのです。

納得のいかないものは、思考ではどうしようもないものです。行動したら、それなりに結果が出るので、意識を変えることができます。

過去の自分には出来なかったことでも、未来の自分が出来ることはたくさんあります。だから、今できないことは、今する必要がないものです。だから、気になるからといって、必ずしもその時に解決することが最善ではないのです。

時間を大切にしていたら、受け入れ体勢が整った時に、感覚が知らせてくれます。タイミングが分かる感覚は、自分が何かに縛られていない状態からやってきます。

潜在意識は、自分の成長を見込んでいて、大きな成長を望んでいる場合は、問題を据え置きにします。パワーを温存して、一気にジャンピングしようと計画しているのです。

自分が持っているエネルギーは、誰もが100%です。パワーはプラスであろうがマイナスであろうが、出した分だけ得るものがあります。だから夢と問題は、結局は同じものなのです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

自分が上手くいっていない時、どうしても他人は上手くいっているように見えます。そんな時、自分の感覚を信じることが大事です。いつかきっと、という希望を持っていると、自分を救うことができます。

最後まで読んでくださってありがとうございます。ライトワーカーマリエでした。

次の記事  『癒しで見えてくる本当の感情』
前の記事  『何もしないという選択肢』
 カテゴリのトップページ『ステージ上昇の秘訣』
 ブログのトップページ『本当の自分になる方法』





| 2.行動のキッカケ | 12:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何もしないという選択肢 

今日は日曜日。休日をどのように過ごすかは人それぞれですね。家でゆっくり休む人もいれば、予定通りにお出掛けする人もいます。あなたはいつもどう過ごされていますか。

行動は、動いているイメージがありますが、何もしないという選択肢があります。何もしないという行動は、何もしていないようだけど、とても重要なことが起こっています。

何もしない行動は、エネルギーが自分の元に帰ってくる状態です。外側に向かっている意識が自分に向かってくるので、自分を知るいいチャンスです。

用事や役割に追われていると、いいことがあっても、じんわりと感じることができなかったり、嫌なことがあっても、ちゃんと癒すことができなかったり、自分のことはおざなりになりがちです。

自分のことを放置していると、感覚は鈍くなるし、エネルギーの消耗も早くなります。特に、感情はその時その場で味わっていないと、自分の中で溜まってしまい、自分の感情に気づきにくくなってしまいます。

エネルギーが消耗すると、ものごとが意志通りにならないので、ストイックな人は、ここでさらに気力を入れて頑張ってしまいます。きっと、休むという選択肢がないのでしょう。

風邪を引くことや急な発熱、不調といったものは、体からの警告です。それは、今やっていることを一旦手放しなさいというメッセージです。ここで大事なのは、思考も休めるということです。指令を止めない限り、エネルギーは指示に従ってしまうからです。

体は休めていても、頭の中で次の企画を考えたり、ものごとの段取りを計画したりと、思考が継続していると、働いているのも同然です。おそらく快復しても一時的なもので、またすぐにエネルギー切れを起こしてしまいます。

やり続けていることは、自分にとって大事なもので、自分にしかできないことかも知れません。だけど、違う視点から見ると、その行動が依存だったり、しがみつきだったりします。それらは、自分の本当の居場所を知らないことを意味しています。

体も思考も休めると、エネルギーはリセットしてくれます。内側に溜まったパワーが放電されるし、エネルギーを補給することもできます。

新鮮な感覚になると、新しい発想やアイデア、まとまらなかったものが形になってやってくるようになります。体に新しい空間ができると、新しいテーマがやってきてくれるのです。何もしないという選択肢は、何もしていないようで重要なことが起こっているのです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

新鮮な酸素を体に送り込むと、癒しと活性が起こります。煮詰まったな、行き詰ったなと感じたら、体の空気を換気するといいですね。わたしもよく活用しています。

最後まで読んでくださってありがとうございます。ライトワーカーマリエでした。

次の記事  『気になるものに託されたパワー』
前の記事  『駄目もと発想は駄目になる素』
 カテゴリのトップページ『ステージ上昇の秘訣』
 ブログのトップページ『本当の自分になる方法』


| 2.行動のキッカケ | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

駄目もと発想は駄目になる素

試しにやってみたところ上手くいくことってありますよね。今思いつくのは、料理や工作くらいですけど、意外によく出来ていたら感動します。ニュアンスは違いますが、駄目でやってみたところ上手くいくこともあります。

駄目で元々という発想は、やってみた結果、駄目だったら元いた場所に戻るだけというものです。最初から何も持っていないので、やってみて損するものはないものです。上手くいったらラッキー!という運試しのようなものです。

運試しは、人に期待することでも、どうせ無理だろうなと思っていたところ、意外な返事をもらったり、行動をしてくれたりすることがあります。期待していたら、そうでなかった時、ショックを受けるので、駄目で元々を自分に言い聞かせていたら無難というものです。できなかった時やそうならなかった時の言い訳もできます。

言葉は暗示の力を持っていて、自分はできないと思えばできないし、自分はできると思えばできる、と言われます。わたしはそこに少し疑問があるのですが、そもそもその暗示を掛けなくてはならない状態とはどんな状態なのかと。

行動するに、まず自分はできないことをしようと思うでしょうか。できると信じることは、信じさせない抵抗を外すためだろうけれど、そこまでしてやろうとする行動は、本当に価値があるのか?と思ってしまいます。

もし、ギリギリのレベルでその行動をするのなら、それが余裕でできるレベルに意識を引き上げた方が、気楽にできると思います。駄目というインパクトには、楽しい感じがしないし、できたところで達成感はあっても喜びが本当に持続するのか疑問です。

できるかできないか?は、結果重視で、勝負している感じもします。行動は、気持ちから入らないと効果がないので、何度も言いきかせるよりも、イメージを変えた方が楽なのです。

とは言うものの、わたし自身、できないと信じていたものが、できるようになったことは、たくさんあります。だけど、できるようになったのは、そうなりたいって願望を膨らましたからです。そしたらある時、心の中で“できるかも知れない”という言葉が湧いてきたのです。

かも知れない‥は、可能性をひらいてくれます。そしたら、エネルギーは自由になって、自分を動きやすくしてくれます。イメージが未来的だと、気持ちは楽になってくれるのです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

できそうなことができるようになったら、次からそれは普通のレベルになります。可能性をひらくと、意識のレベルは上がっていきます。

最後まで読んでくださってありがとうございます。ライトワーカーマリエでした。

次の記事  『何もしないという選択肢』
前の記事  『感覚は頭よりも思考する』
 カテゴリのトップページ『ステージ上昇の秘訣』
 ブログのトップページ『本当の自分になる方法』



| 2.行動のキッカケ | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

感覚は頭より思考する

ちまたでなかなか出会うことはないのですが、赤ちゃんの頃の記憶があるという方がいらっしゃいます。湯船に入れられた時のこと、親がお部屋を行き来していた時の様子など、覚えているというのです。赤ちゃんの記憶は何処にあるのでしょうか。

年齢退行催眠でも、インナーチャイルドとの出会いは幼くて3歳ころがほとんどです。それまでの記憶は、思考能力がないので、親や兄弟の話しを聞いて想像するしかないようです。

赤ちゃんは、感覚で生きていて、ものに触れて形を覚えたり、痛みを知ったりしていきます。そこでパターンを知って、危険なものや安全なものを記憶していきます。大人のように頭で考えることはできないけれど、感覚は思考して、自分が成長する方向を教えてくれるのです。

過去の記憶がなくても、見ようと思えば、感覚は思考してイメージを作り出してくれます。潜在意識は、感覚の世界だけど、ちゃんと意志を持っているのです。

感覚の思考は、吸収と判断が早く、ものごとを詳しく知覚しています。そうしないと、自分の身の安全が確保できないし、快適に成長することができなくなるからです。

感のいい人は、ものごとに敏感ですね。感じたものを大事にしているし、感覚を活かすことが好きです。それは赤ちゃんの頃の素直な感覚だと思います。

素直な感覚は、余計なものを外していくと露出してきます。直感力も出てきて、インスピレーションを受け取りやすくなります。自分にとって必要なものに敏感になるし、時間も有効になってくるので、幸せの感じ方も深まっていきます。

感じ方が深まって、赤ちゃんの記憶を思い出すことは可能です。素直な感覚になれば、潜在意識に直接アクセスすることができるからです。あとは自分のイメージ力でしょうか。想像の世界を自由に行くことができれば、遠い過去も再現することができます。

思うに、行動が億劫になるのは、結果を気にしているからでしょうね。自分が重たいな、動かしにくいなと思ったら、結果にかけた期待を、感覚に向けてみてはどうでしょうか。きっと、感覚は喜んでますます成長に向かっていくと思います。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

感覚は思考するので、お任せしていてもちゃんと考えてくれています。未来に必要なことも、役に立ちそうなことも、ちゃんと無意識に保管しているんですよ。

最後まで読んでくださってありがとうございます。ライトワーカーマリエでした。

次の記事  『駄目もと発想は駄目になる素』
前の記事  『夢を持つことの大切さ』
 カテゴリのトップページ『ステージ上昇の秘訣』
 ブログのトップページ『本当の自分になる方法』


| 2.行動のキッカケ | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夢を持つことの大切さ

あなたは今、どのような気持ちでこの記事を読んでいますか?好きでしたら、とても光栄なことです。だけどひょっとして、嫌だけど読んでいるのなら、嫌な思いをしてまでもそうする理由は何でしょうか。

わたしたちは感情の生きモノで、ものごとを瞬時に好きか嫌いかで判断しています。嫌いだけどやってみるのは、もしかしたら自分にとっていいものがあるかも知れないという小さな期待を持っているからだと思います。

わたしのように運動が嫌いだったら、運動するために美味しい話しを言い聞かせることが大事です。運動したらこんないいことがあるよ。運動したらこんな素敵なことになるよ。って、自分に夢をいっぱい聞かせてあげたら、イメージも膨らんで、重たい腰も少しは浮いてきます。

よく見ると、わたしたちは日々、小さな夢を叶えています。あれが欲しい、あれが食べたいと思えば、雨であろうが、雪が降っていようが、夢を持っていると少々の困難は乗り越えてしまうのです。

一日の行動は、小さな願望達成の連続です。潜在意識の願望も入れると、おそらく数千万以上という数の願いを自分が叶えています。このキーボードを打つという行為一つにしても、願いを叶えている行動なのです。

例え、結果が自分の願い通りにならなかったとしても、行動したことは自分のためになります。それに、小さな願いを叶えていることに気がつくと、自分への信頼感も生まれ、努力も報われていきます。

美味しい夢は、脳が興味を持ってくれて、叶えようと体に指令を出してくれます。わたしたちの脳は、美味しいものが好きで、現実とイメージの区別がつかないようにできています。だから、スンナリと行動するには、美味しい夢を自分に与えることが大事なのです。

自分の問題を解いていくことは、封印したものを開けるようなものです。それはちょっと怖いかも知れませんが、自分が楽になることを知っていたら、抵抗は小さくなっていくと思います。期待が上回ったら、行動する時ですね。

嫌だけどそれをする動機は、夢を持っているからです。期待したものがそこに無かったとしても、それが分かっただけでも得るものはあります。自分は何処にいっても何をやっても必要なものを得ていると知ったら、行動は自由になります。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

自分がどうしてその行動をするのか?本当の理由は、潜在意識が持っています。自分に問いかけていくと、答えが見えてくるんですよ。

最後まで読んでくださってありがとうございます。ライトワーカーマリエでした。

次の記事  『感覚は頭より思考する』
前の記事  『問題が教えてくれるもの』
 
カテゴリのトップページ『ステージ上昇の秘訣』
 ブログのトップページ『本当の自分になる方法』



| 2.行動のキッカケ | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |