fc2ブログ

ライトワーカーマリエの人生が輝く『本当の自分になる方法』ミラクルアカデミーより

当サイトは、本当の自分に目覚めるためのスピリチュアルガイダンスです。自分が地球上で達成したい本当の願いを思い出し、実現するために必要な情報を発信しています。新しい人生を手に入れて楽しく生きたい方、自分も周りも幸せにしたい方は必見です。ライトワーカーのお仕事が上手くいく成功の秘訣も公開しています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

未来が教えてくれた夢の掛け方 No.972 

こんにちは。
ライトワーカー☆マリエです。

気楽になるって大事なことですね。

重力があると、行動がどうしても億劫になってしまいます。

面倒くさい、しんどい、だるい、やりたくない‥。

日常のステイタスが保てなくなったら、癒す時ですね。


さて、今日は、未来透視について語ります。

次元が上がると、未来をクリエイトする力が強くなります。

願いが通りやすくなるし、願いを叶えるためのツールもやってくるし、高次元の開示もあります。

それによって、わたし自身、現実の展開に、驚かされることが多いです。

gift-553149__340.jpg

とあるセッションのことです。

ご相談にお越しの方は、夢をお持ちでした。

それは、ゆとりの暮らしをしたいというもの。

セラピーならば、このような場合は、ゆとりを阻む障壁を見つけていくものです。


ところが、占い的に手っ取り早く、未来を見て欲しいというのです。

夢が叶っているのか先に知りたいところなのでしょう。

体質的に、わたしはこのような質問に、気休めでも大丈夫ですと言えないのです。


早速、わたしは気になるところを、詳しくヒアリングしていきました。

透視するには、まだエネルギーが充分ではなかったからです。


気になるところには、大事なエネルギーがあります。

目標が決まると、感覚は必要なものを見つけ出してくれます。

だから、今ここで答えが分からない場合は、足らないものを求めていけば良いのです。


感覚は、エネルギーが充分になると、出来上がったものを見せてくれます。

それは話の途中であろうが、お構いなしです。

感覚が見せてきたものは、願いが叶っているシーンでした。

わたしは時期も感じ取れたので、それもお伝えしました。


ところが、その季節になって、再びその方がご相談に来られたのです。

聞けば確かに、透視通りの人に出会ったけれども、ゆとりの話しにはならなかったというのです。

そしてまた未来がどうなっているのか知りたいとのこと。

再び、未来透視です。

すると、またもや未来のシーンが、ハッキリと出てきたのです。


わたしは前回に見たものと、今回に見たものと合わせて、ストーリーを考察していきました。

そこで、出てきた答えは、ゆとりのイメージの勘違いというものでした。

潜在意識は、その人の思っているゆとりよりも、大きなゆとりをもたらしていたのです。

具体的なたとえで言うと、一年に一回は旅行にいけるくらいの収入と時間が欲しいというものが、毎月でも可能というものだったのです。

この現象は、夢が限定されていたということを意味していました。

分かりやすく言えば、たとえば5年後に結婚するという願い事をすると、それ以外のチャンスを取り逃がしてしまうということです。

高次元は、想像を超えているので、ものごとを限定しない方が良いみたいです。

最高最善が使われる理由は、そこにあると思います。

皆さまも、お願いする時は、できるだけ広い意味を持たせてくださいね。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今日も素敵にお過ごしくださいね。

ライトワーカー マリエでした。m(*^^*)m

人生を変えるスピリチュアル心理カウンセリングは
マリエの個人セッションまで
奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

| 前世と未来の話 | 20:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あれに見ゆるは私かな?無知の罪人 No.970 

こんにちは。
ライトワーカーマリエです。

前世を知ると愛情深くなるって本当です。

認めることは愛なのです。

だから、自分を否定していると、貧しくなっていきます。

パワーが貧しいと不健康ですよね。

だから、たとえ過去の行いが悪くても、まるごと認めることが大事なのです。

健康な未来のためにも、まずは回復ですね。


さて、過去の行いが悪かった、で思い出すものがあります。

またまた前世になりますが、当時はそれが悪い事ではなかったというものです。

prince-and-princess-2974424__340.jpg

わたしは、とあるセッションで、その人の前世を見ました。

古い時代で、立派な国があって王様がいるという背景でした。

争い事があって、それは戦争というよりも、侵略という形に見えました。

たくさんの兵士があちらこちらに倒れていて、侵略軍が圧倒的に優勢でした。

次に見たのは、王様と家族が、処刑される場面でした。


この前世は、クライアントさんの首の痛みから出てきた記憶でした。

前世はその家族の一人で、勇敢な女性で、兵士の指揮も行っていた感じです。

小さな弟がいて、家族を守る気持ちが強く、降服の条件として命を差し出したようでした。


驚いたことに、その処刑台の辺りにわたしがいたのです。

背は低く、中年くらいの男性で、執行人の内の一人でした。

何も分かっておらず、ただ公務に従っている様子でした。

そして事態は進み、刑は執行されてしまいました。


この開示で、クライアントさんの魂は再生しました。

その後も、身の回りで霊的な現象が起こり、パワーを回復されていきました。

わたしはこの前世で、自分が加害者だったことを知り、再会は因果なのだろうと思いました。

前世であろうと、自分のやったことを認めて、清算する形になっていたのです。

しかし、前世の執行人には、罪の意識はまったくありませんでした。

そんな何も知らない無知な人間は、果たして加害者といえるのだろうか‥。

権力に屈していたことは確かですが、それが当たり前の生き方だとしたら、罪もなにもあったものではない気がします。

でもこうして、過去を回収することは、そこに何らかの貧しさが発生していたということです。


わたしは前世を見ることで、そこにいる愚かな人間を認めました。

何が悪いのか、国か権力か、それとも人の知恵か。

でも分かったことは、無知は救いでもあり罪でもあるということです。

わたしはどこかで知恵が付いたのでしょうね。

それが因果応報の始まりなのでしょうが、そのお陰で、過去を救う事ができました。


この前世は、パワーを回収したので、中身はありません。

だからこうして開示できるのですが、この物語に気持ちを入れると、意味を持つようになってしまいます。

過去は過去、今は今。

引きずらないためにも、サラッと流してこだわらないことが大事です。

皆さまも、過去を責めても意味はありませんから、パワー回復を第一にしてくださいね。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今日も素敵にお過ごしくださいね。

ライトワーカー マリエでした。m(*^^*)m

人生を変えるスピリチュアル心理カウンセリングは
マリエの個人セッションまで
奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

| 前世と未来の話 | 19:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あの時のあの人だ!ソウルメイトの再会 No.969 

こんにちは。
ライトワーカーマリエです。

霊的現象は、意味を知ると変わっていくのですね。

でも、成長しない人は、堂々巡りですよ。

それでも、パワーを温めているから、学んだ時は収穫が大きいです!

がしかし、その時はたくさん捨てることになるでしょうね。


さて、今日はソウルメイトの再会について語ります。

たぶん誰もが経験していると思いますが、出会った時に知ってる感があるというもの。

もちろん、その感触は、前世からやってきているものです。

でも、再会する意味は何でしょうね。

corridor-347290__340.jpg

わたしは中国で何度も輪廻転生しているのですが、とある時代のソウルメイトと、再会したことがあります。

出会った時から、知ってる感があって、すぐに仲良くなりました。


その人が、これまでどんなことをやってきて、何を悩んでいるのかある程度、推測することもできました。

長時間一緒にいることは、ちっとも苦痛ではなかったし、むしろ、いろんなお話ができてリラックスしていたくらいです。

前世を思い出したのは、ちょっとしたキッカケでした。


その人が確か、わたしの服に何か付いているものを取ろうとした時のことです。

手がこちらに、にゅっと伸びた瞬間に、思い出したのです。

これって、前もそうだった!と。


当時のわたしは5~6歳くらいの子供で、その人に服を着せてもらっていました。

立ち上がった襟のボタンを、留めてもらっていたのです。

わたしにとって、服は着せてもらうのが習慣で、ほかに身の回りのことや躾など、面倒を見てもらっていたようです。

中でも一番に情熱を掛けてもらったのが、読み書きの勉強でした。


その人は、今でいう家庭教師だったのです。

わたしは思い出したことで、何とも言えない温かい気持ちが湧いてきました。

不思議ですが、それはお世話になった感謝の気持ちだと思います。

おそらく一生を同じ御屋敷で過ごしていましたから、家族の様なものでした。

現在のご本人いわく、他人は家に招かないのに、どうしてマリエちゃんは、すんなりと家に招くことができたのかと謎だったそうです。


さらに、また次に見た前世も一緒でした。

国はベルギーで、その人は新聞社に勤めていたライターで、わたしは新聞売りの少年でした。

またもやわたしは男の子でしたが、そこでは彼女の弟分で、お手伝いすることで食いつないでいました。

どうやら、この時のわたしは、言葉が喋れなかったみたいです。

ただ街頭に立ち、新聞をワラワラと見せるだけで、人が寄ってきてくれたので、仕事としては充分できたのです。

彼女は時折、仕事のことや能力について悩んでいることを話してくれました。

わたしはもっぱら、聞くだけしかできませんでしたが、一緒にいることが何より勇気づけになっていたようでした。

おそらく産業革命の時代だったと思います。


流れを整理すると、学校に行っていないベルギーの少年が、次の時代では教育によって読み書きができるまでに成長したということです。

歩み寄る魂は、学びの友なのです。

そうとは聞いていたものの、具体的に体験すると、魂から納得できるものです。

詳しくは思い出せなくても、出会う相手は、多少の覚醒というものですね。

皆さまも、知ってる感を大事にしていってくださいね。再び成長しますよ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今日も素敵にお過ごしくださいね。

ライトワーカー マリエでした。m(*^^*)m

人生を変えるスピリチュアル心理カウンセリングは
マリエの個人セッションまで
奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

| 前世と未来の話 | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平安時代かも水干姿の古い人物 2/2 No.965 

こんにちは。
ライトワーカー☆マリエです。

前回の続きです。

path-1150070__340.jpg

中納言は山にこもり祈り続けました。

祠は古くから神が祀られていたものです。

祈りは、その場を通して向こう側に届けられていました。

わたしはこの場面を、祠の中から見ていました。

そこで感づいたのは、祈りを受け止めたのは、他でもなくわたしであることでした。

というのも、この場面を再現することで、祈りのメッセージを聞くことができたからです。

要するに、実際に聞き入れたのは、その場にワープしたわたしということなのです。


これら前世の情報は、間もなくして現代の中納言さんに伝えることとなりました。

すると潜在意識の了承を得たのか、そこからまた続きの世界が見えだしたのです。

わたしは、中納言の人生を追っていきました。

すると今度は、奇妙なことに、この開示によって現代の中納言さんの意識が変革して前世に伝えられ、前世の中納言が今度は、そこからさらに過去に生まれ変わっていたのです!


これは一体どういうことか‥?

わたしはしばらく唖然としました。

要約すると、前世の自分の前世が未来にあるということです。


前世の自分が、未来を先取りしていたなんて‥。

驚きものでしたが、現在までの輪廻転生は、必ずしも過去に終えてきたものではないということです。


時系列の概念は崩壊しました。

でも考えてみると、自分という一人は、魂を分けた分身がいますから、それはあり得ることなのかも知れません。

過去と未来は同時に起こる。

奇妙な行き来なのですが、輪廻転生する時代は、未来とは限らないということです。


それでも、現代の中納言さんは、この一説を受け止めていました。

また驚いたことに、この古い時代の信念は、現在も持っていたことでした。

現世も、前世と同じような行動をしていたのです。


わたしは思うに、人が持つ歴史は、過去と未来がリンクした渦なのではないかと。

そこは、終わりもなければ始まりもないゾーン。

追及するとどんどん渦が広がっていくのです。

だから、感覚が得たいものを得ると、閉じることが大事なのです。


渦から抜けると、一瞬一瞬を新鮮な感覚で生きることができます。

感覚が得たものは、自分にとって役に立つものです。

だから、必要な時に、また渦に入って見つけると良いです。

想像の世界は望めば、いつでもひらいてくれますから。


向こうの世界に自分を置き変えてみるのは、自分を良く知るためです。

世の中には、いろんなメソッドがありますが、わたしにとって想像を通してみることが、一番てっとり早いです。


祠の向こう側は、形のない世界でしたが、意識がありました。

おそらくそれが無意識というものです。

無意識は受け止めたものを、いつか形になって現します。

そうやって誰もが、人の願いを受け止めて生まれてきたのです。

だから、わたしたちは誰もが光の存在なのです。

気功講座で、まさかこのような縁の深い人と出会うだなんて、想像を超えていました。

スピリチュアルはそういうところも楽しめるのです。

皆さまも、どうぞ受け止める感覚を思い出してくださいね。きっと新しい道がひらくと思います。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今日も素敵にお過ごしくださいね。

ライトワーカー マリエでした。m(*^^*)m

人生を変えるスピリチュアル心理カウンセリングは
マリエの個人セッションまで
奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

| 前世と未来の話 | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平安時代かも水干姿の古い人物  1/2 No.964 

こんにちは。
ライトワーカー☆マリエです。

この秋で原点回帰している人は多いようですね。

わたしはスピリチュアルのおさらいで、新しい発見をしています。

知識を入れるというより、謎解きになっています。

過去のことも、どんどん忘れていきそうです。

記憶力が心配です。

さて、今日は自分が光の存在だったことを振り返ります。

誰もがそうですが、人間になる前は、光だったのです。

orient-4553568__340.jpg

それを思い出したのは、今から13年ほど前のことです。

わたしはスピリチュアルに目覚めた頃で、感覚を整えようと思いつきました。

そこで、興味を引いたのが、気功でした。

でも、セミナーを受講したのは、そこから半年後のことです。

ある日突然、降って湧いたかのように、行く気になったのです。

後にこのタイミングが、必然だったことに驚かさるのですが。


わたしは受講するために横浜に出向きました。

講座は基礎からペアワークなど様々で、感覚をどんどんひらいていきました。

初日からすぐに、みんなと打ち解けられたのは、気功の質というものでしょう。

気功師の前島先生も気さくなお兄さんといった感じで、和みの中心となっていました。

わたしはチャネリングやリーディングについて話をしたところ、みんなが関心を持ってくれたので、嬉しかったです。

数日間の講座はあっという間で、最終日の食事会は、大盛り上がりでした。


スピリチュアルって楽しい~!

わたしにとって、この出会いは、とても新鮮でした。

そこで、同じ受講生の方の一人が、わたしに尋ねてきたのです。

チャネリングについて、確かこのような質問だったと思います。

それはどうやって見えるのですか?

今見てみて何か分かりますか?

わたしは試しに、目の前にいる先生をジーッと見ました。

でも、何も出て来なかったので、つかさず手順の説明で終わりにしました。


ところが、尋ねてきたその人に目を向けると、いきなりその人の額から、風船のように映像が広がって見えたのです。

ぷわわわわ~ん。

そこには立派な水干を着て、頭に黒くて長いベロのついた被り物をした人物が出ていました。

奈良時代とかの古い歴史によくある姿です。

わたしは驚いたのですが、ちょうど帰りの時間が迫っていたこともあって、お話する機会がありませんでした。

その後、わたしは神戸に帰り、映像の続きを見ていきました。

どうも、現れたのは中納言のようでした。

奈良平安時代のようです。

何があったのかさらに見て行くと、大納言に何やら申し立てをしている様子でした。

行政について、意見を述べているようで、それは難しい案件のようでした。

その先を見ると、彼は周りの仲間から、追われる身となっていました。

後に彼は、北陸に向かい山の中にある小さな祠に向かって、お祈りをしていたのです。

次回に続く。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今日も素敵にお過ごしくださいね。

ライトワーカー マリエでした。m(*^^*)m

人生を変えるスピリチュアル心理カウンセリングは
マリエの個人セッションまで
奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

| 前世と未来の話 | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT