fc2ブログ

ライトワーカーマリエの人生が輝く『本当の自分になる方法』ミラクルアカデミーより

当サイトは、本当の自分に目覚めるためのスピリチュアルガイダンスです。自分が地球上で達成したい本当の願いを思い出し、実現するために必要な情報を発信しています。新しい人生を手に入れて楽しく生きたい方、自分も周りも幸せにしたい方は必見です。ライトワーカーのお仕事が上手くいく成功の秘訣も公開しています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

聖書を見ると怖いと感じてしまう No.822 

Aさんのご相談 30代女性
『わたしは宗教者ではありませんが、本屋などで聖書を見かけると、怖いと感じてしまいます。トラウマでもあるのでしょうか』

vatican-792189_640.jpg
Pascal WiemersによるPixabayからの画像

Aさんの恐れは、体の芯が震えるものでした。

聖書は手に取ったこともなければ、読んだこともありません。

では一体、

どこで関わったのか?

Aさんに心当たりは全くありませんでした。


前世をみると、Aさんのシスター姿が出てきました。

聖書は当時、信仰していたものでした。

一生を神と共に生きる。

現世もTさんは前世と同じく、結婚せずにいました。


信仰は魂に刻まれる。

神を信じる力は、

古代に生まれ、わたしたちは神の怒りに触れるまいと、祭事を行うようになりました。


神の機嫌を損なうとバチが当たる。

命令に背くとひどい目に遭わされる。

だから、

神から求められると、例え自分たちの大事なものであっても捧げなければならない。

そうやって信仰心は強くなっていきました。


信仰の場は、時代と共に形が変わっていきました。

教会や寺院は、古代からすると、とても近代的なもの。

でも、

世の中の流行りや形がどれだけ変わっても、魂の記憶は変わることはありません。

なぜなら、

魂の記憶は、自分が再生する力なので。

だからまた生まれ出てくるんですね。


前世のAさんは神から見放されることを怖がっていました。

たくさんお祈りもしていました。

お祈りが叶わないのは、自分の何かが足らないとも考えていました。

自分が何か間違えたことをしたのでは?

と、自分を責めてもいました。

それが返って、自分の行動を制限していました。


Aさんが生まれ変わった理由は、

シスター時代があまりにも閉塞した生活だったからでした。

その辛さは、自分を戒めることで、免れていたようです。


どうかわたしたちに自由を‥。

戒める一方、当時のAさんはそのように自由を求めていました。

その祈りは、Aさんが一生を終えることで叶いました。


前世を開示した後、

Aさんの体に、いくつもの魂が表れました。

それは、自分の前世や、この世で会えなったきょうだいたち。

どうやら前世がキッカケで、体の中から浮上してきたようです。

でも、彼らは彼らの思いを受け取ることで、天界に上がっていきました。


前世から受け継いできたもの‥。

自覚には上がらなくても、感覚はずっと覚えています。

自分が何を見聞きして、どんな反応をするのか?

その反応こそが、前世から引き継いできたものです。


Aさんの恐れは消えていきました。

体が軽くなったことに、Aさんはとても驚いていました。

それがわたしの体調。

それがわたしの普通の状態‥。

そう思っていても、本当のところそれが普通ではないこと。

霊的に解放すると、本当の感覚が目覚めてきます。

それはとても居心地の良い感覚です。

本当の意味の自由とは、目に見えない怖れから解き放たれることなんです。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ライトワーカーマリエでした。

次の記事 『自分の居場所はここじゃないと感じる』
前の記事 『時々、家の中に人の気配を感じます』
カテゴリのトップページ『ケーススタディー事例集』
ブログのトップページ『本当の自分になる方法』

人生を変えるスピリチュアル心理カウンセリングは
マリエの個人セッションまで
奇跡を起こすなら兵庫県神戸市「板宿駅」から徒歩5分
ミラクルアカデミー

| 3.体質のお悩み | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

体に表れたシミが気になります/体質のお悩み No.236

Tさんのご相談 30代女性
『結婚して共働きの生活をしています。子供ができずに将来の夢が持てません。仕事は好きですが、子供のいない暮らしは淋しいです。悩んでいるせいか、体にシミが出てきました。本当の原因は何でしょうか』

flower-5115850_640.jpg
Michaela, at home in Germany • Thank you very much for a likeによるPixabayからの画像

Tさんは、悩みをたくさん抱えていました。

悩みごとを一つ一つ話すごとに、表情がゴロゴロと変わっていました。

体のシミはある日突然、気がついたそう。

それは陽に当たらないところなので、

どうして出てきたのかTさんは不思議がっていました。


シミ‥?。

その言葉で、霊的に見えてきたのはお年寄りのご婦人でした。

一人暮らしをしていて、孤独感があって‥

でも、Tさんのことをとても気に入っていました。

特徴を開示すると、

そのご婦人は、Tさんの知っている方でした。


Tさんのお仕事は援助職。

もう何年も前のこと、ご婦人のお世話をしていたそうです。

Tさんは、いつも頭のすみっこで、どうされているのか?と気にかけていました。


ひょっとして、他界しているかも?

と、その思いをTさんが口に出した時、

ご婦人のお宅に、Tさんが花束を持って訪問している姿が見えました。


「ご婦人は、あなたとお会いすることを楽しみにされていましたね。

体のシミはその人からのサインです。

会いにいけば、彼女は安心して喜んでくれますよ」

わたしが言ったこのメッセージには、ご婦人の思いが込められていました。


そこで、Tさんが思い出したこと。

それは、あのシミはご婦人も同じところにあったこと。

シミは、自分のことを気にかけて欲しいというご婦人からのサインでした。


Tさんは、たくさん涙を流しました。

するとだんだん、表情が落ち着いてきて、顔色が明るくなっていきました。

どうやらTさんは、人の体に触れたり、言葉を交わしたりすることで、相手の思いを受け取っていたようです。

それはご婦人だけではありませんでした。

あのゴロゴロと表情が変わったのは、それだけ多くの人の思いを抱えていたということ。

でも、涙を流すことで、その思いはすべて浄化されていきました。


Tさんの体質はエンパシー。

それは、感受性や共感力の強い人によくみられます。

相手の思いに共感して、その思いを自分が引き受けてしまう‥。

でも、それらを抱えたままでいると、自分が生き辛くなることがあります。

大事なことは、思いを癒していくこと。

Tさんは、今回の体験で、癒す力を覚醒することができました。


ご婦人には子供がいませんでした。

彼女はTさんに自分を投影していたのかも知れません。

わたしが見る限りでは、Tさんの未来に、子供で悩んでいる姿はありませんでした。

ご婦人の思いを開示することで、

つながっていた霊的なコードが切れたのでしょう。

Tさんの未来は、とても明るくて元気な姿でした。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ライトワーカーマリエでした。

次の記事 ▶『次のお悩み相談』
前の記事 『冷えとのぼせで気持ちがふさいでいます』
カテゴリのトップページ『ケーススタディー事例集』
ブログのトップページ『本当の自分になる方法』

| 3.体質のお悩み | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冷えとのぼせで気持ちがふさいでいます/体質のお悩み No.240

Oさんのご相談 40代女性
『人生をどう生きて良いのか分からなくなっています。仕事も家のことも何をするにも憂鬱です。体の調子も悪く、手足の冷えとのぼせがずっと続いています。将来に夢もありません。この先、どうすればよいのでしょうか』

angel-3211454_640.jpg
Marisa04によるPixabayからの画像

Oさんの顔は、薄っすらとむくみ、目はうつろでした。

その様子は、ちょっと不気味で、誰がみても気になるくらいでした。

わたしがも一つ気になったのは、Oさんのお父様でした。


お父様はどうされましたか?

その言葉は、Oさんの心に直撃しました。

聞けば、

Oさんは子供の頃、父親の厳しい教育を受けていたそう。

ずっと、父親の目を気にしていて、大人になっても、父親の影響を受けていました。

何をするにしても、口を出す。

用事を言いつける。

具合が悪くなると、世話をしなければならない。

Oさんは、当然のごとく父親のことが、好きにはなれませんでした。

ところが、その父親が、長い闘病生活の末、亡くなったそうです。


Oさんの看病には、

父に対する怒りや憎しみ、自分を犠牲にした悲しみが込められていました。

気が付けば、自分はもう中年といわれる年齢。

Oさんは、父親が他界するまで、自由を奪われ続けていました。

ところが、この機会によって、

Oさんの気持ちは、罪悪感に変わっていました。

どうして思いやることができなかったのだろう‥

と。


Oさんの気持ちが開示されると、

「もういい」と、お父様の声が入ってきました。

そこには、自分を責めるなという意味もありました。

続けて、Oさんの背後をヒーリングすると、

お父様の意識は、わたしの経路を通じて、天界に上がっていきました。

キャッ!

体が温かい!手の先も、足の先も‥。

Oさんは急激に変化した体に驚かれました。

それは、エネルギーが、正常に回り出した現象でした。


亡くなった人を思い続けること。

その思いが、罪悪感とか自責とか、重たいものだと、つながっている相手も同次元に縛られます。

物質界と霊界では、重力が違い過ぎるので、思いを込めだすと、お互いが生き辛くなります。


霊的なコードを切るのは、それぞれの居場所にいくため。

Oさんの現象は、お互いにとって、最高の場所に移動するためでした。

コードを切ることで、Oさんは本当の自由を得ることができたのです。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ライトワーカーマリエでした。

次の記事 『体に表われたシミが気になります』
前の記事 『足の痛みは家族の不吉なお知らせでしょうか』
カテゴリのトップページ『ケーススタディー事例集』
ブログのトップページ『本当の自分になる方法』

| 3.体質のお悩み | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

肩に強烈な刺し込み痛が表れた/体質のお悩み  No.232

Rさんのご相談 40代女性
『月に1度のペースで整体院に通っています。ところが突然、肩に強烈な痛みを感じるようになりました。通い続ける方が良いのでしょうか』

sky-5235843_640.jpg
thank you for likeによるPixabayからの画像

Rさんは口コミで整体に通うようになりました。

整体側から、週3回は来た方が良い。

と言われるくらい、疲労がたまり過ぎているようでした。


通いはじめて1年くらい経った頃、

肩の痛みは、施術の直後に出たそうです。

早速、痛い部分を霊的にみていきました。

すると、そこにはなんと、大きな釘が刺さっていました。


釘‥?

そこに手を触れると、今度はたばこの臭いが一気に出てきました。

ゴホッゴホッゴホッ。

わたしはたばこの臭いでむせてしまいました。

分かってきたことは、釘もたばこも人に依るものだと。


聞けば、

施術を行った方は喫煙する方でした。

もちろん、施術中は喫煙はしていません。

でも、Rさんの体質はどうやらエンパシーで、相手の状態を吸着していたようです。

では、釘は何か?

続けて、施術の場面を振り返っていきました。


その時の場面‥

Rさんと先生は、おしゃべりをしていました。

その時、とある言葉が整体師さんの意思に引っ掛かったよう。

釘は、その時の反応が形になったものでした。


釘の意味は、

言動に気をつけろ。

望んだ方向の邪魔。

などがあります。

おしゃべりをしていた際、そのような意思が、生まれてしまったんですね。


人の思いはイメージがあります。

たとえば、

酷い発言のことを、あの人の言葉は槍のようだ。

だとか、

大きなショックを受けた時に、上から岩が落ちてきた。

だとか。

現実には、そうではないけれど、霊界では想像したイメージが動いているんですね。


思念は、目には見えないシグニチャー。

軽い思念だと、自然に風化していくけれど、強いものは、風化するまでに時間がかかります。


で、気になるは、この現象の原因。

あなたか?わたしか?

と、決着つけたいところですね。

でも、結果は関わりで生まれるものだから、どちらと限定はできないです。


エネルギーは触れ合うと、化学反応を起こします。

次にどうするか?は、その結果次第です。

大事なことは、自分がその時に感じたもの。

その意思に背いて行動すると、どこかに障害が出てきます。


Rさんは自分の体質にも気づかれ、ご自身で体を癒されていきました。

あの激痛も消えていき、体も徐々に回復されていきました。


このケースは一見、

人に触れると、相手の嫌なものをもらってしまう?

と考えてしまいそうな感じです。

でも、角度を変えてみると、

自分の回復力が高まる機会でもあります。

どちらに解釈しても良いのですが、Rさんは後者の方を選択されました。


週3回と言われたところ、月1回で通うことが精一杯だったRさん。

イレギュラーではあるものの、無理をしなかったことが幸いでした。

回復はそこからもう始まっているんですね。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ライトワーカーマリエでした。

次の記事 『経営悪化で借金が増え続けている』
前の記事 『原因不明の足の痛みが気になります』
カテゴリのトップページ『ケーススタディー事例集』
ブログのトップページ『本当の自分になる方法』

| 3.体質のお悩み | 20:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

原因不明の足の痛みが気になる/体質のお悩み No.233

Wさんのご相談 60代女性
『最近、急に右足が痛み出しました。身に覚えがなく原因が不明です。何か悪い兆候なのでしょうか』

angel-1766797_640.jpg
ChristianeによるPixabayからの画像

Wさんの足の痛みは外傷がありませんでした。

ここ最近、スピリチュアルのワークに参加しはじめたので、

サイキックアタックか?

と、悪い方向にも考えていました。


わたしは早速、Wさんの足をみていきました。

すると出てきたのは、

Wさんが、石階段からコケているシーン。

雨が降る中、Wさんは足を踏み外し、慌てて立ち去っていました。


痛みを放置する‥。

足の痛みは、足を労わらなかったことが原因でした。

Wさんは、コケた際、自分のかっこ悪さから、すぐにその場から立ち去っていたのです。


痛みはその後、労わられることがなく、封印されていきました。

当時、

Wさんが大事にしていたものは、周りの目や自分の用事。

意識が、そちらに向いているので、痛みが癒されることがなかったのです。


記憶は、ブログのようなもの。

積み重なっていくと、原因は遠のいていきます。

Wさんの痛みが浮上したのは、

スピリチュアルに関わって、癒しのワークをやり始めたからでした。


癒しのワークは、癒されるべきものを見つけ出します。

潜在意識は、遠い過去のものであろうと、しっかり記憶しているので、

順番に癒すべきものを、現実に表してくれます。


原因が分かってWさんは早速、足を癒していきました。

痛かったねぇ~。

放ったらかしにして、ごめんねぇ~。

Wさんが足を、手てさすったり、声をかけたりして、労っていくと、痛みは消えていきました。


Wさんのやったことは、手当てでした。

手当は、言葉どおり、手を当てるというもの。

人の手は、チャクラのデバイスになっていて、癒しの力があふれています。

気持ちを込めて、手を当てていくことは、最高の癒しになるんですね。


体の具合が悪くなると、

悪いことがやってきた。とか、誰かのせい。

と、つい考えてしまいます。

でもそれは、体が健康になるためにデトックスが起こっていること。

ものごとを悪く考えてしまうのは、体の具合が悪くなっているからなのです。


体は自分が生きるために、健康を好みます。

具合が悪くなるのは、癒す時なんですね。

そんな時に、真っ先にできることは、手当て。

手のひらは身近にできる救いなんです。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ライトワーカーマリエでした。

次の記事  『肩に強烈な刺し込み痛が表われた』
前の記事  『邪気をもらう体質を変えたい』
 カテゴリのトップページ『ケーススタディー事例集』
 ブログのトップページ『本当の自分になる方法』

| 3.体質のお悩み | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT